スポンサードリンク

横須賀港―北九州港にフェリー就航へ

スポンサードリンク

横須賀港―北九州港にフェリー就航へ

船旅が好きな人には、かなりワクワクする話。

神奈川県横須賀市が、長距離フェリーのSHKライングループと組んで横須賀港―北九州港に大型フェリーを就航することを発表しました。横須賀―北九州に大型フェリー、21年就航めざすという記事になっていました。

神奈川県横須賀市は18日、長距離フェリーのSHKライングループと組み、2021年に横須賀港(同市)―北九州港(北九州市)間で大型フェリー航路の新設をめざすと発表した。

スポンサードリンク

横須賀港―北九州港の間は約980km、20時間30分で結ばれるそうです。週に6便が運行予定となっています。就航は2021年を予定。

「宅配業界の運転手不足などを踏まえて」ということですが、長距離ドライブするよりはフェリーで移動した方が、ドライバーへの負担も少ないですよね。

以前に大阪から鹿児島までフェリーに乗った際も、船内で楽しそうに酒盛りしているドライバーがたくさんいました。風呂に入ってビール。しっかり寝てドライブ。素晴らしい環境です。

1万6000トン級のフェリー2隻体制で就航するという。船の種類にもよるが、フェリーは12メートルの貨物車が約170台、乗客約600人が乗船できる大きさという。

関東在住の人にとっては、大洗から苫小牧まで行くフェリーに加え、横須賀から北九州に行くという選択肢が増えることになります。

一昼夜の船旅。帰りは高速バスで一昼夜かけて戻ってくると面白いカモ!?

>>楽天トラベルで高速バスを比較する

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2018/12/19 10:30)ソフトバンクが東証1部上場 初値は売り出し価格下回る

次へ

2018年から使い始めたスマホ決済は「楽天Edy、楽天Pay、LINE Pay」