写真に写っているのは小島屋の浦和うなこちゃんです。

浦和うなこちゃんといえば、故やなせたかし先生が描いた浦和のアイドル。浦和駅西口に鎮座し、最近では駅前工事のため伊勢丹側に移転したことですらニュースになるほどのアイドルです。駅前にいるのは巨大な浦和うなこちゃんですが、小サイズも20体ほど作られているのです。

この小サイズの浦和うなこちゃんは浦和のオアシスである別所沼にも鎮座していたのですが、何者かに盗まれてしまっていたのでした‥‥しかし<浦和うなこちゃん>復活へ 同型の像寄贈でというニュースになっていました!

同会によると、なくなった石像は高さ約30センチ、重さ約18キロで2009年に制作。同型の石像は他に20体ほど作られ、同会会員の店舗などにも置かれた。このうち1体を引き取ったウナギ店が廃業しており、経営者だった元会員が今回、代わりの石像として同会に譲り渡してくれたという。

元々は「浦和のうなぎを育てる会」という、浦和のうなぎ料理店で作った銅像だったんですよね。見つからないうなこちゃんの代わりに、廃業したうなぎ店から寄贈の申し出があったということです。

同会の大森好晴会長代行(74)は「元の石像が見つからないのは残念だが、浦和のシンボル的存在だったので失われたままにはできない。(今月30日の)『土用の丑(うし)の日』までにお披露目したい」と話している。

盗まれたままのうなこちゃんは残念なのですが、これで別所沼にも「浦和うなこちゃん」が帰ってくることになります。うなこイズバック。

ネタフルでは次のような記事を書いています。

浦和うなぎの「浦和うなこちゃん」

【鰻】うなぎ「むさし乃(浦和)」地元の名店で鰻重を喰らう!