スポンサードリンク

浦和レッズ、オリベイラ監督の契約を解除し大槻新監督の就任を発表

スポンサードリンク

浦和レッズ、オリベイラ監督の契約を解除し大槻新監督の就任を発表

2度も大槻組長に火中の栗を拾わせることになってしまった‥‥。

浦和レッズが、オズワルド・オリベイラ監督の契約を解除し、大槻毅新監督が就任することを発表しました。

スポンサードリンク

オズワルド オリヴェイラ監督との契約解除についてというシンプルな発表が出ています。

2018シーズン4月より指揮を執っておりました、オズワルド オリヴェイラ監督との契約を本日付で解除いたしましたので、お知らせいたします。また、あわせてルイス アルベルト シルバ ヘッドコーチ、アレックス コンディショニングコーディネーターとの契約も解除いたしました。

就任から1年での契約解除となりました。確かにJリーグでは連敗が続いていましたし、前節の広島戦では大量失点でホームで情けない負け方をしたのも事実なのですが‥‥それにしても、まさか契約解除とは。

ここまできたら、もう少し様子を見るものだとばかり思っていましたので、個人的には唐突な印象を受けましたし、実際にもう少し我慢が必要だったのではないかと思っています。

確かに成績は悪いけれど、ACLは勝ち残っていたので、契約解除するほどか!? と。

後任には2018年にもリリーフ監督を務めてくれた大槻組長です。大槻 毅 氏のトップチーム監督就任についてとして発表されています。

オズワルド オリヴェイラ監督との契約解除に伴い、大槻 毅 氏がトップチームの監督に就任することとなりましたので、お知らせいたします。

確かに前回は見事にチームを立て直してくれましたし、モチベーターとしては優秀だと思いますが、もしも今回、それができなかったら‥‥実に安易な選択をしたものだな、と思います。

オリベイラ監督の解任よりも、大槻監督就任の方が、問題だなぁ‥‥と思っています。

しかし、よくぞ、またこの難しいタイミングで監督を引き受けてくれたものです。男気は感じます。

関連記事

浦和オリベイラ監督の契約解除 後任「組長」大槻氏 - J1 : 日刊スポーツ

ホームで1勝1分け5敗という内容、オリベイラ監督がフィジカルコーチ出身ながら生命線の体調管理で優位に立てなかった事実などを重く受け止め、オフ明けまでにクラブとして苦渋の決断を下し、発表した。

浦和後任の大槻氏、昨年再建成功し海外担当に抜てき - J1 : 日刊スポーツ

就任後はルヴァン杯1勝1分け、リーグ戦3勝1分けと無敗でオリベイラ監督にバトンを渡したが、ヘッドコーチとして支えていた今年3月8日に退任。現場から離れ、立ち上がった「海外クラブとのネットワーク構築推進プロジェクト」の責任者に“抜てき”の形で配置転換されていた。

浦和社長「上位進出もままならない」解除理由を説明 - J1 : 日刊スポーツ

オリヴェイラ監督の要望を受け、コンディション回復機器の導入や、食事の提供などのサポートを実施してきました。しかしながら、それらを生かし切れているとは言えない現状があり、このままでは、優勝はもとより上位進出もままならないと判断し、監督、ヘッドコーチの経験がある大槻 毅氏に監督に就任していただくこととしました

浦和3年連続監督途中交代 大槻氏今回は「正式」 - J1 : 日刊スポーツ

昨年4月のような暫定昇格ではなく正式に監督となり、6月1日のアウェー川崎フロンターレ戦(等々力)から指揮を執る。

一度外した大槻氏に頭下げる 浦和監督交代の裏側 - J1 : 日刊スポーツ

大槻氏は今年3月8日に突如、現場からフロントへ。2日前のACLブリラム戦後、3-0の今季初勝利に気を大きくしたオリベイラ監督がチームから外すようクラブに迫ったという。選手が大槻氏に相談する姿に危機感を覚えたことが理由だった。
最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【吉野家】ちょい呑み「吉呑み」がせんべろ的でなかなか良かった

次へ

【Kindleセール】28%オフなど「こころの疲れマネジメント本フェア」開催中(5/31まで)