スポンサードリンク

元浦和レッズ・山田暢久、神奈川県リーグ1部「イトゥアーノFC横浜」監督に就任

スポンサードリンク

元浦和レッズ・山田暢久、神奈川県リーグ1部「イトゥアーノFC横浜」監督に就任

元浦和レッズの山田暢久が、神奈川県リーグ1部「イトゥアーノFC横浜」の監督に就任したことが発表されました。「山田暢久氏 監督就任のお知らせ」として発表されています。

このたび、イトゥアーノFC横浜2019シーズンの監督に山田暢久氏が就任することが決まりましたので報告させていただきます。

スポンサードリンク

山田暢久が本格的に指導者の道を歩み始めましたよ‥‥感慨深い‥‥。

山田暢久は次のようにコメントしています。

指導者の第一歩として、このチームに関わることができて光栄です。 私がプロで培ってきた経験を社会人サッカーに還元して参ります。 チーム一丸となって関東リーグ昇格を目指します。 皆様、応援のほどよろしくお願いします。

最後には「共に戦いましょう!」とメッセージも。実に山田暢久らしくない!

されはさておき、契約条項に抵触すると思われる点があり、浦和レッズとの業務委託契約が解除となった山田暢久の動向が気になっていたのですが、サッカースクールを開始したり、いよいよ本格的に動き出しましたね!

さて「イトゥアーノFC横浜」というのは、どんなクラブなのでしょうか?

「イトゥアーノFC横浜」について

FC横浜アズール、「イトゥアーノFC横浜」で再出発に詳しくありました。

青葉区を拠点に活動する社会人サッカークラブ「FC横浜アズール」が運営体制、チーム名を一新し、「イトゥアーノFC横浜」として3月1日から再始動する。

Jリーグ昇格を目指すため、運営基盤強化のために子ども向けサッカー教室などを幅広く手掛けている特定非営利活動法人セイントフットサッカークラブが運営母体となりました。

同法人は2017年からブラジル1部リーグ所属の名門「イトゥアーノFC」と業務提携しており、選手育成のノウハウなどを共有していく予定だ。

そのため、チーム名も「FC横浜アズール」から「イトゥアーノFC横浜」へと変更になっています。「イトゥアーノFC横浜ジュニアユース」も設立されています。

「イトゥアーノFC横浜」では今後、セレクションを実施していくということなので、山田暢久監督の元でプレイするチャンスもあります。

「イトゥアーノFC横浜」がどんなチームか知りたい人は「イトゥアーノFC横浜ってどんなチーム?」をご覧ください。

横浜市を中心に週3で活動しています!

メンバーは25名程で学生が7割、社会人が3割です!

3人の選手も言ってましたが監督、スタッフ、選手を含めてみんな年齢に関係なく仲が良いです!

だからこそチームの一体感があります!

大学の部活以外でより真剣にプレイをしたくて「イトゥアーノFC横浜」を選んでいる選手もいるそうです。大学生が社会人リーグでプレイするという道もあるのですね。

特にウェブサイトはなく、noteTwitterFacebookで情報発信をしているのもユニークだと感じました。

山田暢久監督の今後の動向は、これらSNSから分かりそうですね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【ラーメン魁力屋】期間限定「担担麺」コクと胡麻の風味を増してリニューアル

次へ

ネタリスト(2019/01/14 10:00)ディズニーランド逃した我孫子の残念な歴史