スポンサードリンク

元浦和レッズ・山田暢久、川越でサッカーアカデミーを開校

スポンサードリンク

元浦和レッズ・山田暢久、川越でサッカーアカデミーを開校

元浦和レッズの山田暢久が、埼玉県川越市のフットサルコートでサッカーアカデミーを開校したことをTwitterで発表していました。

スポンサードリンク

しばらく行方不明というか所在不明だったというか、表舞台から消えていた山田暢久の久しぶりのツイートを見て安心しました。

「みなさま、大変ご無沙汰しております」として、埼玉県川越市にリニューアルオープンした「Sgrum Futsal Studio」で、サッカーアカデミーを開校致したことを告知しています。

1クラス12名限定の定員制で、育成強化型のサッカースクールとしています。「BANDIERA Soccer Academy」というスクール名です。

実に2年ぶりのツイートとなっています。

山田暢久が表舞台から消えた理由

山田暢久といえば、やはりこれですよねぇ。山田暢久氏との業務委託契約解除についてという、浦和レッズからのアナウンス。

山田暢久氏につきましては、契約条項に抵触すると思われる点があり、本人と話し合いを進めてまいりました。今般、本人から、クラブとの契約解消の申し出がございましたので、クラブはこれに応じることといたしました。

2017年2月8日のことでした。

この後、その動向がネットなどに出てくることはなかったのですが、サッカースクールを開校するということで、久しぶりにその所在を確認することができて、本当に良かったな、と思います。

関連記事

浦和レッズ・山田暢久、Wikipediaに記述されたプレイスタイルを素直に認める

元浦和レッズ・山田暢久、現役引退へ

浦和レッズ・山田暢久が引退会見「現役続行の気持ちはあったが最終的にはこういう形で終わった方がいい」

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

2018年から使い始めたスマホ決済は「楽天Edy、楽天Pay、LINE Pay」

次へ

【Uber Eats】配達内容にミスがあると面倒だった話