スポンサードリンク

「ローストチキンコオロギ」浦和出店か!?興梠慎三が物件を探す

スポンサードリンク

「ローストチキンコオロギ」浦和出店か!?興梠慎三が物件を探す

浦和レッズ・興梠慎三の兄が経営する「ローストチキンコオロギ」が浦和出店を検討しているようです。興梠慎三がオフに「浦和にローストチキン屋を出すので、物件を探しにいきました」と語っていました。

スポンサードリンク

「ローストチキンコオロギ」とは?

「ローストチキンコオロギ」は、もともとは興梠慎三の父親がはじめたローストチキンの店で、興梠慎三の兄が関東進出1号店として、東京都江東区に「ローストチキンコオロギ砂町銀座店」をオープンしていました。

オープン当時に興梠慎三は「高千穂(宮崎県)ではみんな知っている味付けです。それを宮崎市でもとオヤジが始めた。今回、宮崎だけではもったいない。東京でも食べて欲しいと兄が始めます」と語っていました。

なぜ江東区にオープンするのだろうと思っていたのですが、興梠慎三の兄である鉄次郎さんの自宅近くという理由だったようです。

写真を見るととっても美味しそうです!!!

View this post on Instagram

焼きたての丸焼きです! クリスマスシーズンに大人気 切って焼くよりも丸ごと焼いた方が肉の旨味が逃げず、本来の美味しさを実感できます! 本日より地方発送と共にクリスマス予約の受付を開始しましたので是非一度ご賞味ください! #ローストチキンコオロギ#東京#東京都#江東区#砂町#砂町銀座#砂銀#南砂町#南砂#東大島#商店街#宮崎#宮崎県#高千穂#フレッシュ#国産ハーブ鷄#冷凍は一切使いません#コオロギ#ローストチキン#食べ歩き#持ち帰り#丸焼き#クリスマス#地方発送#予約#受付#開始

ローストチキンコオロギ砂町銀座店さん(@roastchicken.korogi.kitasuna)がシェアした投稿 -

「ゆくゆくは埼玉にも出来たらいいですね」と興梠慎三も語っていたのですが、いよいよ浦和にも「ローストチキンコオロギ」がやってくる!? オープンが楽しみです!

追記:オープンしました! 食べました! 「ローストチキンコオロギ浦和店」開店!メニューと食べた感想という記事を書きました。

「ローストチキンコオロギ」のメニュー

「ローストチキンコオロギ」は、国産のハーブチキンを秘伝のタレで味付けしたローストチキンで、モモ肉600円、ムネ肉600円、手羽先120円、ネック150円、チューリップ150円、丸焼き3,500円といったメニューとなっています。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

「Mac整備済製品」Mac mini、MacBook Air、MacBook Pro、Mac Pro【2018年11月21日】

次へ

「メディア・パブ」田中善一郎氏、死去