2017 06 26 1422

浦和レッズが、トルコのスーペルリグ(1部)の「カイセリスポル」に所属するブラジル人FWウェリトン・ソアレス・デ・モライスの獲得に動いていると報じられています。泥沼の浦和、トルコから新外国人FWを獲得か。ポドルスキ獲得の神戸と争奪戦に?によると、複数のトルコメディアが報じているということです。

30歳のセンターフォワードで、グレミオやサンパウロなどブラジルの名門クラブの他、スパルタク・モスクワ(ロシア)やセルタ(スペイン)といった欧州クラブでのプレー経験もある。

ウェリトン・ソアレス・デ・モライス - Wikipediaを見ると、2009年と2010年にロシアサッカー・プレミアリーグ得点王に輝いています。

浦和レッズはカイセリスポルに移籍金100万ユーロ(約1億2400万円)を提示したものの、最低でも200万ユーロ(約2億4800万円)を要求されていると伝えられています。今シーズンも28試合で12得点を記録しているそう。

リーグ戦3連敗の浦和レッズ、失点も多く「補強ポイントはそこなのか?」と思わなくもないですが、もしかするとズラタンの後任を探しているのかな、と思ったり。

ウェリントンは1986年生まれ、30歳の選手です。