2015 04 13 0959

さいたま市議選に緑区から出馬していた、元浦和レッズの都築龍太が当選を果たしました。トップ当選ではありませんが、1位とは46票差で、かなりの票数を獲得していくす。今後はさいたま市議として活動していくこととなります。

【統一地方選】元浦和GK都築龍太氏が当選「さいたま市を守れる守護神に」によると「自分で言うのは何ですが、サッカーの世界では守護神になれました。これからは違う世界で、さいたま市を守れる守護神になれるよう頑張ります」とコメントしたそうです。

都築龍太、36歳。もしかすると、まだプロサッカー選手として現役だったかもしれない年齢ではあります。そういう意味では惜しかったなぁ、と思うこともあるのですが、今度は違う世界で頑張って欲しいですね、引退後の2011年にさいたま県議選で落選したこともあるだけに。

「今、自分ができることは、緑区のいろいろな場所へ足を運び、意見を聞いて、それを(議会へ)持って行く。それだけです」

持って行ったその先が、大事になると思います。

ネタフルでは次のような記事を書いていました。

浦和レッズ、都築龍太との契約満了を発表

浦和レッズ、都築龍太が現役引退

元浦和レッズ・都築龍太、埼玉県議会議員選挙に出馬へ

元浦和レッズ・都築龍太、さいたま市議選に出馬