2014 01 16 0957

浦和レッズが、プレミアリーグのサウサンプトンFCから、FW李忠成を完全移籍で獲得することを発表しました。李 忠成選手 完全移籍加入のお知らせとして発表されています。

このたび、サウサンプトンFC(イングランドプレミアリーグ)に所属しておりましたFW李 忠成選手(28歳)が完全移籍にて加入することで合意に達しましたので、お知らせします。

近日、日本に帰国し、メディカルチェック終了後に正式契約となります。

1985年生まれの28歳。サッカー選手としても絶頂期ですね。そんなに大きな印象はなかったのですが、身長は182cmあるそうです。

こみねFC→横河FCジュニアユース→FC東京U-18→FC東京→柏レイソル→サンフレッチェ広島→サウサンプトンFC→FC東京→サウサンプトンFC

サウサンプトンFCでは出場機会に恵まれなかったようですが、柏レイソル、サンフレッチェ広島時代の印象通りであるならば、怖いプレイヤーの印象です。

李忠成は「このたび、浦和レッズに加入することになりました李忠成です。これまでの自分のサッカーキャリアの全てを浦和レッズのために注ぎたいと思っています。自分の力の全てを出して、タイトル獲得のため、チームに貢献できるようにがんばりますので、応援よろしくお願いします」とコメントしています。

浦和レッズでは1トップを興梠慎三が務めており、昨シーズンもチームとして得点力はあったのですが、前線の選手が離脱した時のことも考えての獲得でしょうか。

まさか、李忠成が浦和レッズに移籍してくるとは。元サンフレッチェ広島の選手が増え、色々と雑音もあると思いますが、ぜひチームのために全力でプレイして欲しいと思います。