2013 11 20 1717

浦和レッズ・山田暢久の契約更新がないことはネタフルでもお伝えしていましたが、正式に山田暢久・野田紘史・永田拓也と契約更新しないことが発表されました。

シーズン終盤の大事な時期ですが、だからこそ若い選手がよりチャンスを得られるようになのかな、と思います。

山田暢久の契約更新がされないことは残念ですが、チームを代表する選手ではありますが、出場機会が減っていたこと、年齢や年俸を鑑みるに、クラブとしても苦渋の決断だったのではないかと思います。

野田紘史と永田拓也に関しては、何度かチャンスがあったけれど、それをものにできなかった、ということと理解しています。それぞれ2009年に入団してから丸5年ですが、トップチームに定着することは出来ませんでした。

それぞれコメント付きで、契約に関する発表が行われています。

山田暢久との契約について|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

(浦和レッズはどういったものですか?) 「人生の多くをここで生活をさせてもらったので、やっぱりかけがえのない場所だったと思います」

野田紘史との契約について|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

(その中でも印象に残っていることは?) 「レッズに帰ってきた2011年シーズンですね。J2に落ちそうなときに僕も少し試合に出場し始めたので、すごい重圧がありました。ただ、あれを乗り越えたことで僕も人間的に大きくなったと思います。そういうことを含めてレッズでの時間が僕を成長させてくれたと思います」

永田拓也との契約について|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

(ファン・サポーターへメッセージを) 「浦和でのプレー機会が無くなりますが、これからサッカーをやっていく上で、今まで応援してくれたサポーターの皆さんに自分のプレーは見せられていなかったので、これから自分の人生の第二章としていいプレーができるように頑張っていきたいと思います」

この季節になるといつも思い出すのは、ピッタ元監督の「サッカーには別れはない」という言葉です。みんな、どこに行っても頑張れ。

山田暢久は、埼玉スタジアムでの最終節に、サポーターに向けて挨拶をするようです。優勝カップを暢久に!