2013 10 28 0916

浦和レッズの山田暢久が、2013年10月27日に埼玉スタジアムで開催された柏レイソル戦に途中出場し、J1通算500試合出場の偉業を達成しました! J1同一クラブのみでの500試合出場は、史上初となるそうです。

『山田暢久 J1通算500試合出場達成、記念グッズ』オンラインショップ限定で発売!ということで、記念クリスタルトロフィーや記念ビックフォトタオルが発売されます。

J1リーグ500試合出場は、伊東輝悦選手(甲府)、楢崎正剛選手(名古屋)に次いで史上3人目となり、所属クラブが1クラブのみでの500試合達成はJリーグ史上初の快挙となります。

J1通算500試合出場を達成した選手は他にもいるものの、同一クラブでとなると、山田暢久だけの偉業となります。

時にはサイドバックで、時にはフォワードで、時にはトップ下で、時にはボランチで、最近はディフェンスで、とにかくゴールキーパー以外であれば全てのポジションをそつなくこなす能力を持っています。そして、たくさん試合出場もするけど、身体も強い。鉄人。

昨今は途中出場が多いですが、経験からくるプレイの安心感というのは、やはり山田暢久ならではだと思います。ぜひ40歳を過ぎるまでプレイして欲しいと思います。最後まで浦和レッズだといいなぁ。