2012 12 31 1638

浦和レッズが、鹿島アントラーズのFW興梠慎三を獲得することが明らかになりました。クラブからは未発表ですが、本人が移籍を表明したということです。

興梠 浦和と3年契約「自分を成長させるために移籍を決めた」という記事になっています。

鹿島は、FW興梠が浦和に移籍することを正式に表明した。鵬翔高から05年に入団し、8年間で6度のタイトル獲得に貢献。今季もチーム最多11得点を挙げたが、先発を外れる機会も多くチームを去ることを決断した。

予てより噂になっていいましたが、鹿島アントラーズ・興梠慎三の浦和レッズ移籍は確定のようです。浦和レッズとは3年契約とのこと。

今シーズンは出場機会も減り「自分を成長させるために移籍を決めた」とコメントしています。

浦和レッズは「浦和は対戦していて一番嫌なチームだった。サッカーは魅力的だと思う」という印象とのことです。

移籍については秋頃にオファーがあり、その際にサッカー日本代表でもプレイしたことのある鈴木啓太に相談したそうです。そこで「お前に合うサッカーだよ」と後押しを受けたのだとか。

鹿島アントラーズでの背番号は「13」でしたが、浦和レッズでは「30」を背負うようです。浦和レッズの「13」は鈴木啓太です。

これで、

サンフレッチェ広島 DF森脇良太
ベガルタ仙台 MF関口訓充

らに続く補強となります。

クラブを去るのは田中達也ポポ原一樹セルらです。

補強としてはほぼ完璧ではないでしょうか。チームの中核として仕事のできる、26歳の選手が3人です。FW/MF/DFと、ポジションも申し分ありません。

場合によっては外国人FWの補強もあるかもしれませんが、このメンバーでの試合も観てみたいです。後は気になるのは、レンタル移籍している選手たちがどうなるか、ですね。