2012 12 03 1255

浦和レッズ・田中達也が最後のリーグ戦を終えた夜、原口元気がこんなツイートをしました。「今日達也さんに言われた。元気、おまえもっとできるよ。もっとやれよ」

全文はこちらです。

同じFWである、田中達也から原口元気へのメッセージ。重い意味が込められていると思っていました。

最初は「若いから」で済まされていた歯がゆさも、そろそろ「若いから」では済まなくなります。

最終節の名古屋グランパス戦でも思いました。

途中出場なのに、その運動量かよ! と。

もっと、ボールを追いかけろよ、元気! と。

達也だったら、前線からプレスしまくったよ! と。

名古屋グランパス戦後のこんな記事を読みました。

ボールを奪われてからすぐにリアクションしない原口のプレーにベンチ前で立っている選手達から激しい指示が飛ぶ。

そうだよ。そうなんだよ。サポーターだけじゃなくて、チームメイトだって思ってるんだよ。走りたくても、そのピッチを走れない選手がいるんだよ!

気持ちにムラがあるのも、もう自分でコントロールしなくてはなりません。若いという理由では、もう許されない。

「元気、おまえもっとできるよ。もっとやれよ」

11 → 24
24 → 11

「もっとやれよ俺」

ピッチで見せてくれ!!!