2012 11 16 1426

ドイツ「ヴォルフスブルク」に所属する長谷部誠が、2013年1月に浦和レッズに復帰する可能性が出てきたそうです。長谷部、浦和復帰も!1月までに判断という記事になっていました。

オマーン戦(14日)を終え、ドイツへ戻る前にマスカット国際空港で長谷部は「正式オファーはないですが、浦和には『いつでも(復帰の)扉は開いている』と言ってもらっています」と話し、07年以来となる古巣復帰の可能性を明かした。

浦和はいつでもOKですよ、ということで、すぐに長谷部誠が移籍するどうこう、という話ではないようですね。

マガト監督が解任後、長谷部は再びチームでポジションを得ましたが「新しいGMが来るみたいだし、新監督も来るかもしれない。状況を見て判断したい」とコメントしています。

長谷部は8月にヴォルフスブルクのマガト前監督に移籍を申し出た際にはイングランド・プレミア挑戦か、浦和復帰の選択肢を持っていた。Jリーグの移籍期限より登録締め切り期間が2週間遅いプレミアからのオファーを待ったために浦和復帰は一度、消滅していた。

現在、28歳。来年は29歳。別のクラブにチャレンジするならギリギリの気がしますし、日本に戻ってそれなりのプレイをするなら、30歳を目前にした今のような気もします。

浦和レッズ、ボルフスブルク・長谷部誠の獲得に動く?という記事も書いていますよ。