2012 07 09 1324

2012年7月7日、埼玉スタジアムで行なわれたサガン鳥栖戦、背番号「7」が前半7分に得点を決めると平川、原口が得点を決め4-3での勝利を収めました。3失点は余計でしたが、試合終了後のヒーローインタビューが最高でした。

ヒーローインタビューは、2得点を決めた原口元気でした。

最初のゴールを決めた後、スタジアムのオーロラビジョンには、顔をくしゃくしゃにした原口元気の顔が映し出されました。

2012 07 09 1330

オリンピックサッカー代表の選考から漏れ、気持ちを切り替えるとしていた原口元気ですが、直後の試合で得点を決めたことで、抱えていたものが溢れ出したのでしょう。

そして、ヒーローインタビューでは、少し大人になった原口元気が見られました。

インタビューの書き起こしは、J1第17節 浦和×鳥栖 原口元気インタビューで読むことができます。

(西岡)
得点を決めた後は、少し感極まったように見えましたが、
どういう想いがあったんですか?

(原口)
まあ悔しかったんで...
でも、浦和でやるしかないと思っていたので、
その浦和で結果が残せて良かったです。

立派な受け答えだったと思います。この半年くらいで様々なことを経験して、成長した証ですね。

特にここは、ぼくもスタジアムでうるっときてしまいました。

(原口) オリンピックは行けなかったですけど、 僕は浦和でしっかり輝くので、 今後もチームと自分を応援よろしくお願いします。

「僕は浦和でしっかり輝くので」

悔しさから出た言葉ではなく、本心だと思います。かつて、フィンケ監督は若い才能を流れ星にたとえました。ともすれば、マスコミのスターシステムに乗せられ、一瞬で燃え尽きてしまうかもしれない‥‥。

どこで何をしなければならないか、それが原口元気にとっては、浦和で、輝くこと、だということです。

原口元気は自分に自信があるはずで、でも、それが良い方向に働くこともあれば、逆に働くこともあります。しかし、慣れない1トップにもチャレンジし続けるひたむきな姿からは、我を張ることなく真っすぐ突き進む1年前とは違う原口元気が見えました。

FWは補強ポイントですが、今シーズンは原口元気の伸び代に期待したい、そう思う自分がいます。