2012 07 09 0955

浦和レッズのミハイロ・ペトロビッチ監督が、2013シーズンも続投の方針ということで記事になっていました。浦和のペトロ監督が来季続投へです。

J1浦和がミハイロ・ペトロビッチ監督(55)と来季の契約を更新する方針であることが8日、明らかになった。税務上の都合で単年契約を結んでいるが、前半戦を終えて8勝6分け3敗の勝ち点30、首位と勝ち点差5の3位と上位をキープしている手腕を評価。

まあ、この成績だったら続投しない理由はないですね。昨シーズンは降格争いをしたクラブな訳ですし。選手たちが生き生きとプレイしているのを見るのも、嬉しいです。

とはいえ、浦和レッズのサッカーがつまらないから観客が増えないのだ、という人もいるようですが‥‥。

なお、記事の通り、外国人監督が単年契約になるのは、税務の関係なのだそうで、誠意がないからではないのですね。

さらに、浦和がフィンケ元監督と“復縁”という嬉しいニュースも。

09年、10年と2年間、浦和の監督を務めたが、成績はそれぞれ6位、10位と低迷。当時のクラブ首脳陣との対立もあり、10年限りで監督を退任した。

残念な別れ方をしたフィンケ元監督でしたが「当時の状況はよく知らない」「今後ともいい関係でいきましょうということ」と山道守彦強化本部長が関係強化を認めたそうです。

実は、フィンケさんの奥さまが映画監督で、その取材に同行して来日しているのですよね。それで大原練習場なども訪れているそうですよ。

「今後、選手の紹介やチーム運営のアドバイスが期待できる」ということですが、ぜひユースを‥‥そして槙野の完全移籍も‥‥。