2011-06-28_1648.png

昨夜から、浦和レッズが新しい外国人選手を獲得か!? ということで騒がしくなりましたが、スポーツ新聞でも「セルビア代表FWデスポトビッチ獲得へ」と報じられています。

いつもスポーツ報知は情報が早いですね。誰がリークしているんだろうなぁ。ということで、こんな感じの内容です。

浦和が強豪復活の秘密兵器として、セルビア代表FWランコ・デスポトビッチ(28)=スペイン2部ジローナ=を獲得することが27日、決定的となった。ジローナ関係者によると、デスポトビッチにはスペインなど欧州の複数のクラブからオファーが届き、争奪戦となっていたが、浦和が移籍先の最有力。

セルビア代表のFWで、年齢は28歳。いい時期ですね。欧州の複数クラブからもオファーがあったものの、条件面では浦和レッズと大筋で合意している、と。

身長は185cmということで、ヘディングが得意のようですね。サイドからガンガン攻め込んでクロスをあげてズドン‥‥まさに、ペトロヴィッチ監督の目指していたサッカーにフィットする選手かもしれません。

「巨漢ながらもスピード、突破力にも定評がある」そうです。「旧ユーゴスラビア代表として活躍した浦和ゼリコ・ペトロビッチ監督(45)の肝煎りの補強」とも伝えられていますね。

ランコ・デスポトビッチのゴール集などがYouTubeにありました。

ここ最近のサッカーは、昨年までの土台を活かしたサッカーになってきて、選手たちも躍動していると感じていたのですが、果たしてランコ・デスポトビッチの加入は吉と出るでしょうか?

■関連記事

元セルビア代表FWが浦和入りへ

報道によると、セルビアのレッドスターも獲得に動いていたが、本人が日本行きを決意。代理人の「彼の移籍に関する話はもう終わった。浦和はいいクラブ」というコメントも掲載している。同選手は今季所属したスペイン2部のジローナで33試合に出場、チーム最多の18得点をマークしている。