urawareds_6169.JPG

名古屋グランパス戦の後、三連敗。ここから埼玉スタジアムの連戦が続く訳ですが、その最初にセレッソ大阪はイヤな相手と思っていたのですが‥‥原口元気で先制するも、結果は1-1でドローでした。4連敗は免れましたが。

urawareds_6170.JPG

キックオフから先制点が入るくらいまでは、気持ちの感じられる試合だったと思います。

前線からのチェックも積極的で、埼玉スタジアムで開催される試合としては動員数は少ないものの、そういう中でも集まっているサポーターの作り出す雰囲気も良く。

urawareds_6171.JPG

原口元気はキレキレで、カミソリのようでしたね。触れるものを傷つけるような。ただ、気をつけないといけないのは、自分自身を傷つけてしまう恐れもあるのではないかということ。

自分としては結果を出しているものの、チームとして結果が出ない中での得点には「意味がない」という主旨のコメントを繰り返しています。

確かに、チームとしての結果が最も必要ですが、そのことについて、あまり内向きに思い詰めないと良いのですが。

urawareds_6172.JPG

失点シーンもそうでしたが、細かいパスの目立つ試合でした。あとは、消極的なバックパスも。動き出しがないから前にボールを運べなくなりますし、しかし、パスに自信がないから足下で欲しがるという悪循環なのでしょうか。

試合後の柏木のコメント「今はボールをもらってから前を向いているけど、もっとテンポを早くしないといけない。結果的にいつもバックパスになって蹴っているだけだし、そこは相手が狙っていて、プレッシャーをかければバックパスだけだと思われていた」に諸々が象徴されているかもしれません。

urawareds_6173.JPG

パス&ゴーとか、基本的なところはもちろん必要ですが、それもできにくくなっているということは、やはり選手たちも自信を失いつつあるのかもしれません。

ペトロヴィッチ監督は信じ続けるとコメントしていましたが、エジミウソンの途中交代も、それを象徴する一つの出来事でしょうか。信じると言っているそばから交代するのもどうかと思いはしましたが。

urawareds_6174.JPG

4-1-2-3という布陣は、個人的には面白いと思っています。久しぶりに出場した鈴木啓太の1ボランチも、ぼくは好きです。あそこは啓太のポジションですね。試合勘が戻れば、ミスも減るでしょうし。

ただ、今いる選手たちのことを考えると、必ずしも適切な布陣ではないのかな、とも思います。特に、このシステムではエジミウソンが活きない気がしますし。柏木は2列目の方が良いなぁ。

細かいことはさておき、いつかトンネルの出口はやってくると思います。ただし、それがいつなのかは分かりません。夏までかかるかもしれないし、シーズン終盤かもしれません。

要は「どこまで辛抱できるのか」ということです。

このままいけば降格争いに加わるでしょう。クラブとして覚悟ができるのか。いざそうなれば、社長とGMが辞任して終わり、では済まない事態になるでしょう。

簡単に首を切りにくいOBを監督として安易に連れてきてしまった代償は、果てしなく高くつく可能性があるのです。

■関連記事

Jリーグ第11節vsセレッソ大阪

試合結果 浦和レッズ1-1(前半1-1)セレッソ大阪 得点者:8分原口、35分清武(C大阪) 入場者数:31,571人

vsC大阪「原口の2試合連続弾で先制するもドロー」

鈴木啓太 「勝ちたかったし、勝ち点3を取りにいくゲームだと思っていたのですが、勝ち点1で終わってしまいました。 交代は自分からです。足がつりました。相手のワントップの下の3人とボランチは、運動量が多く、非常に嫌なところに動いてきました。足元もうまいし、パスもできるし、そういったところで、前半走らされたところはあります。

「選手たちは全力で仕事をした」ペトロヴィッチ

そして、エジミウソンとは個人的にも話をしました。今のままでいいのか、もしかしたら違う役割がほしいのかという事などです。例えば、守備をまったくしないで、点を取ることだけに集中したいのか、そういった話を彼としたところ、今の役割、今の仕事で自分は満足していると。このままのシステムでも問題ない、と。

【J1:第11節 浦和 vs C大阪】試合終了後の各選手コメント(11.05.15)

●柏木陽介選手(浦和) 「勝点0と1では全然違う。C大阪ほどとは言わないけど、もうちょっと流動的に動いてやらないと、スペースは空いてこないし、裏に出る選手ももっと出てこないといけない。ワンタッチではたかないといけないし、ビルドアップの部分でダメすぎる。

【J1:第11節 浦和 vs C大阪】ペトロヴィッチ監督(浦和)記者会見コメント(11.05.15)

Q:レッズのサッカーはあまりよくないと思っている。アグリー(同意)なら、課題として何が一番の問題なのか。言葉を1つ、2つでもらえないか。 「今日のプレーはよくはなかったと賛成します。何人かが自分のパフォーマンスに達していなかったことが1つ。それから必要のないボールの失い方をしないこと、簡単にゴールをプレゼントしないこと。C大阪に簡単にプレゼントしたせいで、C大阪はハーフタイムで自信を持って出てきた。自分たちはプレゼントしたことで、自信をなくして出てきてしまった。そういうことを選手が日々学んで、成長していけばいい」

浦和4試合ぶり勝ち点も引き分け/J1

この日はシステムも変更。MF柏木をボランチから右のトップ下にあげてC大阪の厚い中盤に対応させた。結果は出せなかったが、FW原口は「やりやすかった。(柏木)陽介君が近くにいるとボールも来やすい」と今後へ手応えをつかんでいた。

【浦和】柏木「話し合い大事」/J1

柏戦に3-1で惨敗して以来、選手間でのミーティングが活発になった。「話し合いは大事。また今日の試合もDVDで見て、話し合っていく。今日はやられたくないという気持ちが出ていた。そういうところから相手に勝っていきたい」と、話した。

浦和原口弾でC大阪から勝ち点1/J1

後半は風が強くなり、あおられてボールの軌道の変わる難しい状況になった。同38分、C大阪はCKからFWピンパォンがシュートを放つが、惜しくもサイドネット。浦和はCKのチャンスも生かせず、1-1の引き分けに終わった。浦和は4試合ぶりの勝ち点を手にした。

20歳原口2戦連発!浦和ドローで4連敗阻止

柱谷GMは「半歩巻き返したかな」と今後も指揮官を全力で支える姿勢を見せた。

元気が2戦連発、埼スタ200号もドロー…浦和

前半8分、浦和のU―22代表FW原口が2戦連発となる埼玉スタジアムのチーム通算200点目のメモリアル弾で先行。しかし、同35分に速攻から同点とされ、連敗を3でストップも4戦勝ちなし。「点が勝利につながればうれしいけど」と原口。

浦和・原口、2戦連発も笑顔なし

9日に20歳の誕生日を迎え、最初の試合で即ゴール。「祝杯? 勝ったら飲もうと思っていたけど、また今度」とオトナの儀式はお預けだ。