細貝 萌、大粒の涙でレッズへの思い、ドイツでの決意を語るという記事より。

27日、バイエル・レバークーゼン(ドイツ・ブンデスリーガ1部)に完全移籍することになった細貝 萌が、大原サッカー場内クラブハウスにて記者会見を行なった。 冒頭、細貝は「この度、浦和レッズから移籍することになりました。自分としてもすごく苦しい決断でしたが、6年間、浦和で育ててもらって、すごく感謝していますし、これからドイツで、浦和で支えてもらったファン・サポーター、関係者、みんなに恩返しできるように、向こうでしっかりと結果を出したいと思っています」と挨拶した。

浦和レッズの大原サッカー場で、ドイツのバイエル・レバークーゼンに移籍する細貝萌の記者会見が行われました。質疑応答がオフィシャルサイトで読むことができるようになっています。

読めばすぐに分かるのですが(言葉に詰まって涙ぐむ)(言葉に詰まる)(涙をぬぐいながら)(涙ぐむ)(泣きながら)といったテキストが大量に踊っていることが分かります。

涙、涙の記者会見だったようですが、どうしてそうなったかと言えば‥‥

「……(言葉に詰まって涙ぐむ)。これまで、浦和から海外に行ったたくさんの選手と違って…(言葉に詰まる)。浦和ではなかなかよい結果を残すことができなかったので…。この状態で、浦和を離れることは…。(涙をぬぐいながら)…そういう決断をしたことは、すごく、苦しかったです」

ということで「結果を残せていない」という思いに尽きるのかな、と思います。

結果を残していないということはないと思うのですが、自分が中心選手となってから、結果を残せていないという思いが強いのでしょうね。

もちろん、そう感じるサポーターも少なくないでしょうし、ぼくもそう思わなかったかといえば、嘘になります。

しかし、これまで海外移籍した選手たちと違い、海外に渡ってからも応援したいと思っている選手であるというのは、初めてのことかもしれません。

基本、浦和を離れれば興味の対象から外れていくのですが、細貝に関しては、もう少し見ていたいと思っています。もしかすると一緒に何かを成し遂げた、という感覚がないからなのかもしれません。

「出来の悪い息子」という訳ではありませんが、もう少し細貝を見守りたいと思います。行ってこい、萌。

「レッズが僕を必要としてくれれば、僕は戻ってきたいと思いますし、必要だと言われるような選手になりたいと思います」

ドイツで活躍した細貝が、戻ってくるのにふさわしい場所になっていたいですね。