先週末の川崎フロンターレ戦は、テレビ観戦しておりました。前半はよろしくなかったですが、後半は気持ちを見せてくれましたね。

先制されるとなし崩し的に負けてしまうような試合が多かったですが、意地の同点弾を決め、さらに攻めまくり、勝利しても不思議ではない試合内容だったと思います。

あと数ヶ月早く、ここまで辿れつけていれば‥‥という思いが、テレビ観戦をしながら頭の中を巡りました。

Jリーグ第33節vs川崎フロンターレ

2010年11月27日(土)14:04キックオフ・等々力陸上競技場 試合結果 川崎フロンターレ1-1(前半1-0)浦和レッズ 得点者:1分矢島(川崎)、75分セルヒオ 入場者数:19,411人

各種報道を見る限りでは、残念ながらフィンケ監督の退任はほぼ決定のようです。

どん底の状態から築き上げてきたこの2年間が、来シーズンに継続されることを祈るばかりですが。

試合後にフィンケ監督は次のようにコメントしています。

ここ2年間、多くの選手たちの頭の中で、意識改革が行なわれました。そしてその結果を今日、見せることができた、本当の意味で一丸となった真のチームになってきたと思います。私たちは常に将来のことを考えて仕事をしてきました。そしてこのまま成長させていって、私たちのチームがとても長い期間にわたって、とても大きな成功を得ることができる、そして定期的に多くのことを勝ち取ることができるチームに育てていきたいと考えています。ただし、このクラブでこのようなチームを作り上げるためには多くのことを改革しなくてはいけませんでした。それが、私たちがずっと続けてきたことだったのです。

コストカッターとしての役割と、若手育成の手腕を期待され監督に就任。求められていたことに関しては結果を出すも、来シーズンのビジョンをフロントと共有できずに退任、ということのようです。

育てながら勝つ監督もいるのかもしれませんが、果たして浦和レッズの監督に就任してくれるものなのでしょうか。限られた予算で育成するにも、ユース上がりの選手を育てるならば2年や3年はかかるのではないでしょうか。

これまでユース出身の選手をこれだけ起用し、成長させることができたのはフィンケ監督だけですし、2年前に味わった絶望感から、ようやく光が見えてきた矢先の監督交代には疑問を感じずにはおられません。

いろいろな憶測もありますが、なぜ監督交代に至るのか、そして新監督を選ぶ理由など、社長から詳しい説明を聞きたいところです。

■関連記事

vs川崎『後半の猛攻で同点に追いつき、勝ち点1を持ち帰る』

終盤はレッズが攻め続けた。ピッチ全体から勝ちたい、という気持ちが伝わってくるような猛攻を見せたが、結局ゴールは決まらず。試合終了とピッチに倒れ込む選手がいるほどの死闘。最後まで勝ち点3を追い求めたチームの姿に、スタンドからは「浦和レッズ!」のコールが高らかに響いた。

【浦和】エスクデロ2カ月ぶり弾/J1

エスクデロは「自分が(ピッチに)入ればチームがこう変わる、というのを見せたかった。今日は1点を奪えたけれど、もっと得点できるチャンスはあった。この悔しさを次の試合にぶつけたい」と勝ち点3を取り切れなかったことを悔しがった。

浦和連勝ならず フィンケ監督フロント批判

公式会見では「多くの人が改革という仕事に対して、私と違う考え方を持っていた」とフロント批判を展開した。橋本社長は、あす29日にも指揮官に来季契約を更新しないことを正式通達する方針。後任には浦和OBのゼリコ・ペトロビッチ氏(45)の就任が決定的で、12月4日のリーグ最終戦神戸戦後に発表される見通しだ。

エジミウソン不発!ロスタイムに初シュート…浦和

得点ランク首位の浦和FWエジミウソンは後半ロスタイムに、ようやく初めてのシュートを放ったが、バーのはるか上に外した。

後半エスクデロ弾で追い付く…浦和

川崎は試合開始直後に伊藤の右クロスを矢島が頭で合わせて先制したが、追加点がなく突き放せなかった。浦和は後半30分にポンテの折り返しをエスクデロが押し込んで同点。その後は激しく攻め合ったが、互いに勝ち越せなかった。