ツイッターを見ていた限りでは、試合内容は決して良くはなかったようですが、2-0で勝ち切ることができて良かったです。

その他、試合の様子には全く触れられていないので、とりあえず結果と関連記事のみをお伝えしておきます。

第90回天皇杯3回戦vs徳島ヴォルティス

2010年10月11日(月・祝)13:00キックオフ・さいたま市駒場スタジアム 試合結果 浦和レッドダイヤモンズ2-0(前半2-0)徳島ヴォルティス 得点者:31分エジミウソン(PK)、43分オウンゴール 入場者数:13,240人

vs徳島 試合後 フィンケ監督

今日のような形の選手の組み合わせで公式戦のピッチに立ったことがなかなかなかったのです。そういう意味では、選手たちにしてみれば、少し不慣れな状況の中で試合に入らなくてはいけない状況でした。いくつかの場面でとても無駄な形でボールを失ってしまったこともありましたし、ピッチの上でのいくつかの誤解もありました。ただし、今、ここであまり選手たちに対して、批判的なことを言うつもりはありません。このように台所事情がとても厳しい中で、しっかりと結果を残しているわけですから。

vs徳島『前半の2得点で試合を決め、無失点で4回戦進出』

鈴木啓太 「あまりボールに触る機会はないだろうなと思って入りましたが、結構ありました(苦笑)。2-0とリードしていましたし、そこから2-1にされたら非常に危ないということは意識していました。個人的には、この機会にコンディションを上げたいところもありました。プレーをしてみましたが、体調は全然大丈夫です。ただ、15分ちょっとのプレーでかなり疲れてしまいました(苦笑)。

浦和・柏木「勝つことが大事」/天皇杯

サッカー第90回天皇杯全日本選手権3回戦(11日、浦和2-0徳島、駒場)2大会ぶりのベスト16入りを決めた浦和は、公式戦で9試合連続負けなしとなった。柏木は「内容はよくなかったけど、勝つことが大事。勝ち癖をつけていければ」とJ2勢が相手とはいえ勝利の意義を強調した。

2大会ぶり16強!柏木「勝つことが大事」…浦和

昨年の10月11日は、この大会の2回戦で当時北信越リーグの松本山雅FC(現日本フットボールリーグ)に不覚を取った日。その屈辱を経験した鈴木は「覚えていなかった。悪い記憶は忘れるものなんで」と笑顔を見せた。

天皇杯4年ぶりの2勝目、MF鈴木「キツかった」…浦和

浦和が連覇を達成した86回大会以来、4年ぶりに天皇杯2勝目を挙げた。前半31分にFWエジミウソンがPKで先制すると、同43分にオウンゴールで追加点。徳島のカウンターから危険な場面もあったが、「毎年(2試合目で)負けていたので、大きかったです」とFW田中はホッとした表情だ。後半29分から約2か月ぶりに公式戦復帰したMF鈴木は「体力的にキツかった。コンディションを上げていきたい」と前を向いた。

浦和 順当勝ちも「守備のバランスが悪かった」

しかし、J2徳島に攻め込まれる場面も目立ち「守備のバランスが悪かった」とMF柏木は反省の弁。後半21分にはMF鈴木が右ふくらはぎ肉離れから8週間ぶりに復帰し「体力的に疲れた。いい意味で(チームメートに)プレッシャー与えたい」と話した。

故障者多数の浦和が4回戦進出/天皇杯

故障者を多数抱えるうえに、代表招集でMF細貝萌とDFサヌを欠く中、今季開幕前のプレシーズンマッチで敗れた徳島と対戦。序盤からパスサッカーを駆使して優勢に立つと前半31分に得たPKのチャンスをFWエジミウソンが決めて先制。同43分には左MFで先発出場したFW原口元気の鋭い右クロスが、相手のオウンゴールを誘って追加点を奪って勝負を決した。

浦和快勝 啓太2カ月ぶり出場/天皇杯

自身の離脱と阿部のレスター移籍が重なり、浦和は来季ACL出場権獲得へ厳しい戦いの最中で、ボランチ不足に陥った。主将としての責任を感じながら、走り込みを続け「今の僕にできることをやる」と積極的にクラブイベントに参加してファンと交流を図った。復帰への思いは、来季いっぱいまで改修工事のため使用できない「聖地・駒場」での最終戦でかなった。