先週末に開催された、アウェイとなる埼玉スタジアムでの大宮アルディージャ戦、ぼくは仕事の都合で行けませんでしたが、試合結果は2-1での勝利。

試合開始早々に先発した高崎がゴールを決めたのを知り、とても嬉しく思いました。監督、選手のインタビューを見ると、反省点も少なくないようですが、まずはダービーに勝利、勝ち点3を得ることができたのは良かったと思います。

柏木陽介は1得点1アシストと活躍、チームの中心選手に成長です。阿部勇樹の移籍は、チームに様々な変化をもたらしていますね。

ここ7試合で4勝3分で負けなし。反省すべきところは反省し、次に繋げましょう。

原口元気が、J1リーグ50試合出場を達成しています。

Jリーグ第25節vs大宮アルディージャ

2010Jリーグ・ディビジョン1 第25節  大宮アルディージャvs浦和レッズ  2010年10月2日(土)13:00キックオフ・埼玉スタジアム 試合結果 大宮アルディージャ1-2(前半1-2)浦和レッズ 得点者:4分高崎、16分柏木、45分ラファエル(大宮) 入場者数:33,660人

vs大宮 試合後 フィンケ監督

「そのことに関して、私は違う意見を持っています。日本でも私はとても多くの選手を見てきましたが、多くの選手が切り替えのときに守備に参加することができないということに関しては、意志の問題ではなくて、その状況を素早く判断することができていない。そして周りを見渡してその一つ一つの状況で何をすべきかというこ とに関して、正しく判断することができない選手が多いと思います。これはあくまで私の意見ですが。運動量豊富なプレー、そして多く走ることは誰でもできます。ただし、もっともこの競技で肝心なのは、いつ、どこに向かって走るか、です」

vs大宮『激しい攻防を制し、ダービーで勝利を飾る』

高崎寛之 「点を取った以外は反省点が多い試合でした。2点取ってから引き気味になってしまって、もっとFWが前にボールを引き出せればと思いました。芝生に足を取られて、ポストプレーがうまくできなかったとこもありました。久しぶりにスタートから試合に出てみて、以前に自分が抱いていたゲーム勘からはほど遠いところがありました。

柏木追加招集へ2戦連発猛アピール/J1

浦和MF柏木陽介(22)が視察に訪れた日本代表ザッケローニ監督に猛アピールした。前半4分にFW高崎のJ1初ゴールをアシストすると、同16分には右ボレーシュートで2戦連発弾を決め、「われながらスーパーシュート」と自画自賛。

浦和柏木が1ゴール1アシスト/J1

高崎との事前の打ち合わせで、インテルミラノFWエトーのゴールパフォーマンスも披露。チームも4月以来の2連勝を飾り、最近7試合で4勝3分けと復調。柏木は「連勝できたのは大きい。チームが乗っていける状況をつくれたのはよかった」と振り返った。

浦和が2-1で大宮を下す/J1

後半開始早々に浦和がチャンスを迎える。2分に相手のクリアを拾いMF細貝がミドルシュートを放つ。5分に強烈なシュートを打たれるもGK山岸がセーブして得点を許さない。27分にFW田中がフリーでヘディングも枠を外れる。大宮に押しこまれる時間帯もあったが、相手の縦に早い攻撃にも冷静に対処し得点を許さない。そのまま2-1で浦和が逃げ切り4月以来の連勝を収めた。大宮は対浦和の連勝が2でストップ。

柏木自賛「スーパーシュート」で7戦負けなし

得点後には高崎がピッチ脇のカメラマンからカメラを奪い、柏木とエジミウソンを撮影するパフォーマンスを披露。主審から「次やればイエローカード」と忠告されるオチもついた。前半4分には右サイドからの左足クロスで、高崎のリーグ戦初得点をアシスト。アルゼンチン戦(8日、埼玉)と韓国戦(12日、ソウル)に臨む日本代表からは落選したが、ザッケローニ監督の視察する前で存在感を示した。

持ち味発揮!細貝 対人プレーの強さ見せた

浦和のMF細貝が日本代表でのレギュラー奪取をアピールした。ザッケローニ監督の視察する前で、攻守に持ち味を発揮。激しい守備で何度も相手ボールを奪い、対人プレーの強さを見せた。

柏木2戦連発!!さいたまダービー制す…浦和

前半16分に2戦連続ゴールを奪うとMF柏木はピッチサイドへ疾走。FW高崎がカメラマンからカメラを奪って構え、その前でピースサイン。「(インテルFW)エトーがやっていたのをまねした。これからも選手を巻き込んでいきたい」。ニマっと唇を持ち上げた。

柏木ゴールにアシスト!埼玉ダービー勝利…浦和

「最近はゴールを意識してプレーができている」と振り返るように、2試合連続の得点。中心選手だったMF阿部が海外に移籍し「自分がチームを引っ張っていく気持ちが強くなった」とプレーにいい影響を及ぼしているという。

浦和・高崎、プロ3年目でJ1初ゴール!

浦和のFW高崎がMF柏木の右クロスを頭で合わせて先制。J1初ゴールで勝利に貢献した。「決まってよかった。陽介(柏木)があそこにけるだろうと予想していた。うれしいです」。笑顔が弾けた24歳はプロ3年目。駒大から入団し、昨季はJ2水戸に期限付き移籍して19得点。