2010-09-06_1158.png

2010年9月5日に駒場スタジアムで開催された天皇杯終了後に、イングランド「レスター」への移籍が決まった阿部勇樹がピッチに姿を見せました。

スタンドから投げ込まれるマフラーを手に、クルヴァによじ上りサポーターに別れを告げ、ピッチでは選手たちから胴上げをされ‥‥いかに阿部勇樹が、浦和で愛されていたかが分かります。

最後の最後に「We are Diamonds.」とは。涙なくしては見られません。

■関連記事

vs東京国際大『7ゴールで駒場沸かし3回戦へ』

また、試合終了後にはレスター・シティFCへの移籍が決まった阿部勇樹がファン・サポーターへの挨拶に現われ、大きなコールを浴びながら、ゆっくりと駒場スタジアムを1周した。

浦和MF阿部、サポーターに別れ

5日、駒場スタジアムを訪れ、天皇杯2回戦浦和-東京国際大戦を観戦。試合後、観客席沿いに場内を1周した。ゴール裏サポーター席前では、関係者に担ぎ上げられてピッチからスタンドへ上がり、ファンの手で胴上げ。「阿部コール」に見送られて会場を後にした。

浦和、レスター移籍の阿部に“惜別”7発

浦和からイングランド2部レスターへの完全移籍が決まったMF阿部がサポーターに別れを告げた。試合後に約1万人の“阿部コール”を受けながら場内を1周。上がったスタンドでサポーターから、ピッチでは浦和イレブンから胴上げされ、感極まって涙を流した。コメントせずに会場を後にしたが、2得点のFW原口は「あれだけサポーターに愛されるのは凄いですね」と話していた。

阿部 胴上げに号泣…浦和

試合後、イングランドのレスターへ移籍が決まった浦和MF阿部が駒場スタジアムを1周すると場内は「阿部コール」の大合唱。阿部はゴール裏のスタンドによじ登って胴上げを受けるなど、サポーターに別れを告げ、号泣。試合は、けが人続出でベンチメンバー16人で臨むも7―0。昨年は初戦敗退した鬼門を突破し、MF柏木は「(阿部を)気持ち良く送り出せてよかった」。

浦和・阿部、涙の別れ!レスター移籍へ

天皇杯全日本選手権第2日(5日、駒場スタジアムほか)浦和が東京国際大を7-0で退けた後、イングランドチャンピオンシップ(2部相当)・レスター移籍が決まったMF阿部がホームのファンに別れを告げた。「アベ・ユウキ・オレ!!」の大コールの中、30分かけてホームの駒場を1周。スタンドに引き上げられて胴上げもされ、涙で顔中をぬらした。