2010-09-01_1546.png

浦和フットボール通信が「浦和フットボール通信メルマガ」という有料のメールマガジンを創刊します。月額525円です。

椛沢:埼玉サッカー100年史の中で、85年間はレッズなして伝承して来たのですからね(笑)。この『浦和フットボールメルマガ』は、そういうホーム浦和の意志や言葉を発信して行きたい。

島崎英純メールマガジン「浦研」に続き、浦和レッズについての有料メールマガジンが立て続けに創刊です。

単一クラブのサポーターを対象に、そもそも有料メールマガジンがあること自体が珍しいことだと思ったのですが、さらに増えるということで、まさに豊作の秋ですね。

携帯電話向けのサービスはあったけれど、それは利用することができなかったので本当にありがたいです。

「浦研」は島崎英純氏による浦和レッズの試合分析に軸足を置いており、非常に読みごたえがあります。浦和レッズサポーターは必読としてお勧めしたいくらいです。

一方で「浦和フットボールメルマガ」は、まだ届いていないですが、浦和レッズを取り巻くサッカーカルチャーを伝える内容になるのかな、と想像します。

「浦研」は週3回配信で月額525円です。対して「浦和フットボールメルマガ」は週4回で月額525円です。回数の違いは内容の違いということですね。

ということで、個人的にはどちらも応援したいので、両方を購読しようと思います。浦和レッズにフォーカスしたメールマガジンが月に15回くらい届いて1,050円ですからね。安い!

こうした文化は自分たちの手で守らないと、途絶えてしまいますからね。

「浦和フットボールメルマガ」の決済にはPayPalを使用しますが、よく分からない人もいると思いますのでチラリと画面を紹介しておきますね。

2010-09-01_1558.png

「購読」からスタートします。

2010-09-01_1558-1.png

所有しているPayPalアカウントでログインします。あらかじめPayPalアカウントにクレジットカード情報を登録しておくので、こうした決済が手軽にできるという訳ですね。

アカウント作成は「PayPalの新規登録方法」を参考にしてください。「浦研」もPalPayになりそうな予感ですので、あらかじめアカウントを作っておくといいカモ。

あとは画面に従って進んでいけばOKです。実に簡単。

だと思ったのですが、ひと月分しか支払いができないということは、もしかして毎月この作業をしないといけないのでしょうかね。

追記:自動的に毎月、引き落とされるそうです!