urawa_reds_2732.JPG

完全に書くタイミングを逸してしまったので、試合結果のみメモしておきます。0-1で大宮アルディージャに敗戦しました。

urawa_reds_2733.JPG

相手が10人になったのが、しかも先制した後に10人になったというのが、余計に試合を難しくしたと思います。

パスワークでポゼッションを高めながらゴール前にボールを運んでいく、というのはできていますが、ゴールが遠すぎますね。惜しいシュートも何度かあったのですが。

urawa_reds_2734.JPG

気になるのは、湯浅健二氏も指摘しているのですが‥‥

例えば、シュートを打った後のセルヒオが、ポカンと(漫然と)こぼれたボールの行方を「目で追っている」・・とか、素晴らしいドリブル勝負から、これまた素晴らしいクロスボールを送り込んだ宇賀神友弥が、その場に立ち尽くして「状況ウォッチャー」になってしまっているとか・・。

こうしたあたりですね。途中出場した選手たちに、次の動きがないのが気になりました。

宇宙開発シュートも含めて、鈴木啓太の復調が個人的には嬉しかったですが。

■関連記事

Jリーグ第16節vs大宮アルディージャ

2010Jリーグ・ディビジョン1 第16節  浦和レッズvs大宮アルディージャ 2010年7月31日(土)18:03キックオフ・埼玉スタジアム 試合結果 浦和レッズ0-1(前半0-1)大宮アルディージャ 得点者:28分ラファエル(大宮) 入場者数:40,326人

vs大宮 試合後 フィンケ監督

(田中達也選手が前半の最後の方に交代しましたが、アクシデントだったんでしょうか?) 「今、詳細についてここで語ることはできませんが、前半の確か、38分前後、達也から自分たちに向けて、メッセージが来ました。自分から『代えてほしい』ということを、彼が直接言ってきたのです。筋肉に痛みがあるので、このまま試合を続けることができないと本人が言ってきたのです。それによって、あの早い時間帯で彼を交代しなくてはいけませんでした。

vs大宮『50分以上の数的優位も、再三のチャンスを決めきれず、ホームで敗戦』

柱谷幸一GM 「ゲームのスタートは集中力もモチベーションも高く、決定なチャンスもありましたしいいゲームの入り方ができました。しかし、そのチャンスを生かしきれず、逆に相手にワンチャンスを決められてしまいました。その後は引いてブロックを作られて守備を固められ、カウンター狙いという相手のやり方にはまってしまいました。