西澤代志也、期限付き移籍でザスパ草津へという記事より。

レッズユース3年時の2005年に、トップ出場可能選手として登録され、2006年、同期の小池純輝、堤 俊輔とともに、正式にユースからトップ昇格を果たした。

浦和レッズユース出身の西澤代志也が、J2ザスパ草津にレンタル移籍することになりました。

翌2009シーズン、フィンケ体制となったチームの中で、正確なキックと豊富な運動量を生かし、コンスタントに試合メンバー入りするようになる。5月のヤマザキナビスコカップvsアルビレックス新潟で細貝とのパス交換から左足で落ち着いたシュートを決め、公式戦初ゴール。

ユース出身の選手なので、思い入れもあります。しかし2009シーズン終盤からケガがちだったことで、徐々に試合にも絡めなくなっていました。

西澤代志也は次のようにコメントしています。

「レッズでは、ファン・サポーターのみなさんの期待に応えられず申し訳ない気持ちです。草津で試合に出るチャンスを勝ち取って、チームメートととことんサッカーに打ち込んでいきたいと思っています。少しでも自分がレベルアップして試合に出て、頑張ってきますので、これからも応援よろしくお願いします」

柱谷GMの「何度か小さなケガがあって、ゲームに出られない状況があった中で、草津から期限付き移籍の話を頂きました」というコメントがありますが、先方からの話があったのですね。

今は何よりも試合に出ることが大事でしょう。成長して戻ってきて欲しいと思います。

これでトップチームは29人になるのでしょうかね。噂される高原のレンタル移籍も決まれば、28人になります。ユースからトップ登録される選手も出てくるのでしょうか。