2010-06-14_1129.png

浦和レッズから、DF堤俊輔がJ2ロアッソ熊本にレンタル移籍することが発表されています。

2008年11月に負ったケガから復帰し、今シーズンは、公式戦2試合に出場するなど、パフォーマンスを向上させていた堤俊輔。現在、J2リーグ7位につける熊本からのオファーを受け、半年間の期限付き移籍に合意した。

浦和レッズユース出身の選手です。順調に成長していましたが、2008年11月のケガから復帰した矢先だっただけに、J2でもまれて更なる成長をして帰ってきて欲しいと思います。

なかなか浦和レッズでの出場機会が得られないので、まずは試合に出場することを優先してのレンタル移籍となります。

堤は次のようにコメントをしています。

「クラブから1週間くらい前に話をもらって、結構悩んで、いろいろな人にも相談しました。J2を知っている近ちゃん(近藤徹志・岡山)や赤星(貴文・ツエーゲン金沢)に連絡して話を聞いたりもしました。2人とも『試合に出られる方がいいと思う』とアドバイスをくれましたが、僕自身は、ずっとレッズでやってきたし、今まで埼玉を離れたこともなかったので、そういう部分での不安は多少はありました。でもやっぱり、自分としてもケガが治ってから半年やってきて、これからは試合に出ることが必要だと思って、最終的には自分で決心しました。 熊本でレギュラーを取って試合に出て、もっと力をつけて、半年後に戻ってくるつもりなので、ファン・サポーターの皆さんには熊本に行っても応援していただけたらうれしいです。」

近藤や赤星にも相談していたのですね。

■関連記事

浦和DF堤、熊本に期限付き移籍加入

J2熊本は13日、J1浦和からDF堤俊輔(23)が期限付き移籍で加入すると発表した。期間は7月1日から来年1月1日まで。