ゴールデンウィークまっただ中で、なかなか書くことができなかったので今さらですが、エントリーです。

アウェイの清水エスパルス戦は、残念ながら後半ロスタイムに負け越しの失点を喫し、1-2での敗戦となりました。

Jリーグ第9節vs清水エスパルス

2010年5月1日(土)16:03キックオフ・エコパスタジアム 試合結果 清水エスパルス2-1(前半1-1)浦和レッズ 得点者:17分岡崎(清水)、22分ポンテ、 90+3分ヨンセン(清水) 入場者数:38,851人

きちんと試合を観られていないのですが、最後にヨンセンの高さにやられた、という感じでしょうか。

小野、永井、そして西部と、浦和レッズから移籍していった選手たちが揃って出場したこともあって、因縁の対決のようにも思われていたでしょうか。

浦和応援団、小野に「シンジ、くそったれ」というニュースにもなっていますが、これは「シンジ」ではなく「清水」の間違いでしょうね。

vs清水 試合後 フィンケ監督

よくありがちな、身長190センチの選手のところにロングボールを蹴って、その選手がそれに触ってその裏をつくというやり方、これは確かに一つの攻撃のやり方ですし、これはOKです。ただし、だからといって私たちがそのような攻撃をコントロールできないというわけでは一切ありませんし、このような攻撃を何度も繰り返してくれば、正しい対処法も存在しています。そして実際に私たちはそれを実践できていたと思います

vs清水『チャンス作るも追加点奪えず、ロスタイムに痛恨の失点』

フィンケ監督は88分、最後の交代カードとしてサヌを入れたが、相手も79分からピッチに立っていた永井雄一郎のシュートが右ポストに当たるなど、押せ押せムードに。 そして、完全に受け身に立ってしまった後半ロスタイムに悪夢が訪れた。自陣左サイドからクロスを上げられ、ファーサイドのヨンセンのヘディングシュートで勝ち越されてしまった。 ほどなく終了の笛。レッズの選手たちはピッチに倒れ込んだ。

浦和、2連敗とブレーキ「引き分けが妥当」

後半ロスタイムに決勝点を許すというショックの大きい敗戦で、上位争いからも一歩後退した。フィンケ監督は「引き分けが妥当だった。最後にああいう形で失点してしまい、残念だし、不幸なこと」といら立ちを隠さなかった。

ガックリ浦和 ロスタイム失点で今季初の連敗

ベンチをキックして悔しさをあらわにした浦和のフィンケ監督は「引き分けで十分だった試合で、最後に勝ち点を失って非常に落胆している」とガックリ。試合後は熱狂的サポーターが応援フラッグをピッチに投げ込むなど物々しい雰囲気となった。

ロスタイム失点で初連敗!5位転落…浦和

浦和はロスタイムの失点で今季初連敗。5位に転落した。前半は互角の戦いも、後半はゴール前を固める相手に攻めあぐねて枠内シュート0。就任2年目となるフィンケ監督からは、「(攻撃は)正しい方向に進んでいるが、日本ではとても早い段階で結果を求められる」と弱音がこぼれた。

浦和平川が清水小野に賛辞/J1

浦和DF平川忠亮が、かつての同僚の実力をあらためて認めた。浦和に6年間在籍した清水MF小野伸二と、J公式戦の舞台で初めて対戦。試合中に激しく体を寄せてマークし、相手に直接得点に絡ませなかった。試合後には、敗戦の悔しさを胸に、自ら小野に申し出てジャージーを交換。「やはりうまかった。懐が深いのでマークしに行ってもボールが(足元の)どこにあるのか見えづらかった」と話した。