urawareds_201004_1749.JPG

気持ちよい陽射しに包まれた埼玉スタジアムで行われた、Jリーグ第7節 浦和レッズ v.s. 川崎フロンターレは、なんと3-0で浦和レッズの勝利となりました。

urawareds_201004_1746.JPG

得点者は細貝、田中達也、堀之内。前半、開始早々に叩き込んだ細貝と田中達也のミドルシュートは、決して簡単なものではなかったと思います。

urawareds_201004_1752.JPG

正直、川崎フロンターレ相手にどんな試合展開になるのか、全く想像がつきませんでした。もちろん調子は上向いているのですが、どちらかといえば下位のチームと対戦が続きました。

urawareds_201004_1756.JPG

なので、今回の試合で真価が問われると思ったのですが、まさか大勝するとは‥‥。

urawareds_201004_1757.JPG

一言で言うならば、全員が同じ方向を向いているということでしょうか。戦術が浸透し、誰がどのポジションに入っても意識が統一されているのが分かります。

urawareds_201004_1758.JPG

さらに、選手たちがチームのために走る、走る。エジミウソン、田中達也が前線から積極的にプレスをかけ、ボールを奪った途端にスイッチが入るのがよく分かります。

urawareds_201004_1760.JPG

ボールを持っていない選手たちも、一気に前線に走り、ディフェンダーを引き連れてコースをあけていきます。シンプルなパスワークでゴール前に迫り、崩しにかかります。

urawareds_201004_1762.JPG

ペナルティエリア外でのパス回しも、去年であれば攻め手を欠いてという印象がありましたが、今シーズンは虎視眈々と狙っている、といるのが分かります。とにかくポゼッションも高いですね。

urawareds_201004_1763.JPG

途中出場した堀之内がゴール前に顔を出して得点を決めたのも嬉しいことですし、同じく途中出場した高原の前線のプレスも効果的でした。高原、踏ん張りがきくようになりましたか? 身体つきもシャープになったような気がしますが。

urawareds_201004_1766.JPG

さらに山岸がPKを止めるというオマケも。川崎フロンターレの猛攻が続いていた時間帯でもあったので、素晴らしいセーブでしたね。

urawareds_201004_1767.JPG

これで、フィンケ監督が目指してきた方向が間違っていなかったことが証明されたでしょう。暫定首位に立ちました。

urawareds_201004_1769.JPG

興味深いのは、若手偏重と思われていたフィンケ監督ですが、平川、山岸、坪井、山田、ポンテといった年長の選手たちを先発で使い、さらに交代で堀之内、高原を使っている訳です。

urawareds_201004_1771.JPG

これはまさに、チームの中に良い競争が生まれていることを意味しているのでしょうね。そして、調子が良ければベテランの選手たちも使われると、そういうメッセージが伝わります。

urawareds_201004_1773.JPG

サヌも攻撃に転じると非常に面白かったのですが、守備という意味では不安な部分もあるので(本来のポジションではないことを差し引いても)早く前線で見たいですね。

山田直輝に梅崎司、さらにはセルも戻ってくる訳です。今年の夏は、調子よく超えられるか!?

フィンケ監督のコメントです。

大切なのはピッチの上で1人、2人の選手だけではなく、すべての選手が同じ絵を描いて、同じ方向性を向いてプレーをしていく、そして助け合いながらプレーをしていく。このようなことを実践していくことです。このようなことを私たちは徐々にですが、実践できるようになってきています。それでもまだまだ、たくさんやることはあります

■関連記事

vs川崎『ホームで完勝、4連勝で暫定首位に』

その後もレッズは多くのチャンスを作り、ロスタイムには堀之内のカットからエジミウソンがドリブルシュート、こぼれたところをサヌがループシュートでネットを揺らすも、これはオフサイドに。しばらくして、終了の笛が鳴り、3-0と大きな勝利を手にした。選手たちが挨拶を終えた後にはスタジアムに「We are REDS!」のコールがこだました。

「今だ!」…浦和坪井が手荒い祝福/J1

浦和DF坪井慶介(30)が、PKを止めたGK山岸を手荒く祝福した。後半11分に、MFサヌがペナルティーエリア内で相手FWを倒しPKを献上するも、山岸が見事な反応でセーブした。2点をリードしていたが、試合の流れが変わりかねない大事な局面で大仕事をした守護神の頭を、ばしばしとはたいた。坪井は「『今だ』と思ってやりました。普段できないですから」と笑顔だった。

浦和柏木…「しんどかった」/J1

柏木は「試合への入りは悪かったと思う。それがいい形で点が取れて、追加点も奪えて良くなった」と話した。前半37分には右サイドから中へ切り込みシュート。惜しくもバーに阻まれるが、積極的に攻撃参加した。柏木は「味方がPKを止めたし、いろいろツイてた」と話した。

浦和が3得点で川崎Fに完勝!/J1

同22分、川崎Fはペナルティーエリアやや外からのFKに、DF井川がヘディングで合わせた。ネットを揺らすが、オフサイドでゴールならず。浦和は中盤で細かくパスを回し、試合の主導権を握った。前半は浦和が2ー0とリードして終了した。

細貝、達也!浦和 早々と2点先行

浦和はリズムよく攻め、前半7分に細貝が先制すると、1分後には田中がドリブルからミドルシュートを決めて早々と2点を先行した。川崎Fは後半にレナチーニョがPKを失敗。攻め込みながら得点できず、さらに1点を失った。

達也、豪快ミドル弾で試合決めた…浦和

最大の見せ場は田中の豪快なミドルシュート。1点を先行した直後の前半8分、ハーフウエーライン付近でボールを持つとエジミウソンとのワンツーパスでスピードに乗る。ドリブルで突進し、迷わずに左足を振り抜いた。「陽介(柏木)がいいフリーランニングをしてくれた。シュートする時間とスペースがあった」という。目の覚めるような今季2点目で試合の流れを決定付けた。

浦和達也前線守備マルチFWで奮闘/J1

走りだした自分の背中を、だれかが押してくれた気がした。先制点からわずか1分後の前半8分、田中は仕掛けた。FWエジミウソンとのワンツーパスで相手DF陣を抜き去り、ドリブルで一気に加速。シュートコースをこじ開け「チームの状態がいい。僕のことを後押ししてくれた」と思い切り左足を振り抜いた。約25メートルの弾丸ミドル。

浦和GK山岸片手セーブで勝機生む/J1

GK山岸範宏(31)がPKを止め、川崎Fを完封した。後半11分、2点リードの場面だったが「試合の流れにかかわるところ。チームのために良かった」と話した。右に跳んで片手でセーブ。山岸は「早く動かないことを意識した」と振り返った。

達也決めた おかえり!浦和349日ぶり首位

首位チームに、ふさわしい試合だった。速いテンポでボールが動き、選手が攻守に連動してゲームを支配。効果的な時間に得点を重ねる理想的な展開で、浦和が昨年5月5日の柏戦以来、約11カ月、349日ぶりに首位に立った。フィンケ監督は「お客さんはしっかり入場料を取り返すことができたのではないか」と満足げ。

PK止めた! 守護神山岸、流れ渡さず

GK山岸がファインセーブでチームを救った。2点リードの後半12分、サヌの与えたPKのピンチ。レナチーニョのキックを右に跳んで右手でストップした。「相手の表情、過去のデータなどいろいろなことを考えて右に跳んだ。先に動かないように心掛けた」。

達也、942日ぶり埼スタ弾!!ワンダーボーイ完全復活だ…浦和

赤い声援に背中を押され、背番号11は思い切り左足を振った。前半8分だ。FWエジミウソンとのワンツーで抜け出したFW田中は、残り約23メートル地点。「ノリで打ちました」。強烈な弾道がゴール右スミに突き刺さった。

達也、豪快ミドル弾で試合決めた…浦和

最大の見せ場は田中の豪快なミドルシュート。1点を先行した直後の前半8分、ハーフウエーライン付近でボールを持つとエジミウソンとのワンツーパスでスピードに乗る。ドリブルで突進し、迷わずに左足を振り抜いた。「陽介(柏木)がいいフリーランニングをしてくれた。シュートする時間とスペースがあった」という。

達也弾で浦和、11ヶ月ぶり首位浮上!

「エジがつぶれ役になってくれ、(柏木)陽介もいいフリーランをしてくれた。シュートする時間とスペースがあった」と感謝した今季2ゴール目。埼玉スタジアムでは06年以降1分け3連敗と勝ちのなかった川崎戦で、一気に流れを引き寄せた。

浦和、4連勝で首位浮上!田中が豪快ミドル

昨季は腰痛などから、プロ9年目で初となる屈辱の公式戦無得点。ワールドカップ(W杯)イヤーの今季は体調もよく、第2節から先発出場が続く。「いい状態を保てているし、チームにも後押ししてもらっている」。

PK止めた浦和・山岸、相手に流れ渡さず

レナチーニョの助走をじっくりと見極め、ゴール左を狙ったキックをセーブ。こぼれ球に飛び込んだレナチーニョのシュートは枠を外れた。山岸は「データとか、相手の表情を見たりとか、いろいろ考えて、右に跳ぼうと決めていた」と話した。