亀裂骨折の浦和MF山田直が、復帰へ始動という記事より。

右足腓骨(ひこつ)の亀裂骨折でリハビリ中の浦和MF山田直輝(19)が、戦列復帰へ本格始動した。1月6日のアジア杯予選イエメン戦(サヌア)で全治2~3カ月の重傷を負って以来初めて、さいたま市内でランニングを開始。

走った‥‥直輝が走った!

ということで、日本代表戦で骨折し、リハビリ治療中の浦和レッズ・山田直輝が、ランニングを開始したという嬉しいニュース。

「ちょっと痛かったけれど、歩くのは大丈夫」と、まだ先は長そうではありますが、春先に嬉しい話題です。

4年後だって、まだ23歳。経験も大事ですが、ワールドカップにこだわらずに、ゆっくりケガを治して欲しいものです。

ネタフルでは次のようなエントリーを書いています。

浦和レッズ・山田直輝、右足腓骨骨折
浦和レッズが始動/山田直輝は全治3ヶ月
水道橋博士と山田直輝のちょっとイイ話

一方、サヌが練習中に右足首の靱帯を損傷し、松葉杖を使用しているという情報も。骨には異常なしとのことですが‥‥。

■関連記事

浦和MF山田直が復活走!W杯帯同にも意欲

これまでは筋力トレやウオーキングが中心だっただけに大きな進歩。全治3カ月の診断を受けており、公式戦復帰の時期は未定だが「ちょっと痛かったけど大丈夫です」と笑顔を見せた。

亀裂骨折の浦和MF山田直が、復帰へ始動

6月開幕のW杯では代表メンバー以外にも「育成枠」で帯同できる可能性があり「W杯は4年に1度。早く治して復帰したい」と気持ちを高めていた。

浦和・山田直、練習“復帰”「少し走った」

リハビリ用の小さなボールもけり始め、1日も早い復帰を誓った。

松葉づえで登場…浦和・サヌは次戦欠場へ

フィンケ監督は「骨に異常はない。復帰まで2~3週間を要するのではないか」との見通しを語った。