17歳・岡本、ホーム開幕戦で先発も…浦和という記事より。

17歳の浦和DF岡本が、14日のホーム開幕戦・F東京戦に右サイドバックで先発する可能性が出てきた。岡本は浦和ユース所属で2種登録の立場ながら、6日の鹿島戦でベンチ入り。この試合で右サイドバックで先発したDF平川が右足の張りで別メニュー調整を続けており、現在は主力組でプレー。

17歳でユース所属ながら今シーズンからトップチームに合流している岡本拓也が、ホーム開幕戦となる14日のFC東京戦で先発する可能性が出てきたそうです。

平川が別メニュー調整となり、坪井、山田、宇賀神と共に主力組の右SBとして岡本拓也がプレイしているとのことです。

浦和また新星!17歳・岡本がJデビューへという記事によると「行けと言われれば、もちろん行けます。埼玉スタジアムは小さいころからあこがれていたので楽しみ」とコメントしています。

17歳8カ月24日でリーグ出場すれば、17歳9カ月22日の記録を持つMF山田直輝(19)を抜き、日本人のクラブ史上最年少記録となる。

「日本人の」となっているのは、セルが16歳10ヶ月22日で出場しているからなのですね。

平川の調整が間に合って鹿島アントラーズ戦に続いてベンチ、という可能性も濃厚だとは思いますが、若い選手は見てみたいですね。

若い選手ということでは、プラチナ小島が浦和練習に参加というニュースも出ています。

8日、さいたま市内での練習に、昨年のU-17W杯に出場し3試合1得点したMF小島秀仁(前橋育英高新3年)が10日までの予定で練習生として参加した。柱谷GMは「能力の優れた選手と聞いている。フィンケ監督は(この世代を)積極的に受け入れる考えです」