2010-01-27_1403.png

浦和レッズが、ドイツの1.FCケルンからレンタル移籍でブルキナファソ代表のウィルフリード・サヌを獲得したことを発表しています。

予てから噂はありましたが、ようやく契約にこぎつけたようです。2010年1月31日に来日予定で、メディカルチェックの後、正式契約となります。

2001.8~2001.12:WSGワッテンズ
2002.1~2002.6:FCチロル・インスブルック 5試合出場
2002/2003 :SCシオン 27試合10得点
2003/2004 :SCフライブルク 24試合3得点
2004/2005 :SCフライブルク 22試合2得点
2005/2006 :SCフライブルク 21試合2得点
2006/2007:SCフライブルク 24試合2得点
2007/2008 :SCフライブルク 6試合
2008/2009 :1.FCケルン 15試合1得点
2009/2010:1.FCケルン 6試合1得点

経歴を見ると分かりますが、SCフライブルクではフィンケ監督のもとでプレイしていました。なので、フィンケサッカーの体現者とも言えるでしょう。

ブルキナファソ代表に名を連ねる25歳です。

外国籍選手枠、最後のピース埋まるという記事にもなっていますが「FW、MF、サイドハーフ、サイドバックなど複数のポジションをこなす」というのも魅力です。

多くのブルキナファソ代表選手を輩出しているサッカーアカデミー「Planete Champion Internationa」で教育を受け、2001年、17歳の時にオーストリアのWSGワッテンズに移籍。その半年後には、オーストリア・ブンデスリーガ所属のFCチロル・インスブルックに移籍し、当時の監督、ヨハヒム・レーブ監督(現ドイツ代表監督)のもとでプレーした。

どんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか。「1.FCケルンでも多くの観衆の前でプレーさせてもらったが、埼玉スタジアムの多くの観衆の前でプレーするのが非常に楽しみ」とコメントしています。