浦和レッズの宮崎キャンプがスタートし、浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)のおかげで、その情報を詳しく入手することができるようになっています。

フォトレポートはもちろん、フィンケ監督のコメントも詳細に読むことができますので、レッズサポーターの方はぜひオフィシャルサイトへ。

宮崎トレーニングキャンプ2日目フィンケ監督

(昨年の今の時期もこういった形でスタートしたんですが、体力測定をして。大幅にチーム全体でパワーアップして、1年間積み重ねがあったなと思うようなデータというのはどういったところが?) 「全体的に見渡してみると、私たちは今年、昨年よりさらにレベルの高いところからスタートすることができています」

今年の勝ち点については「私たちは昨年以上の勝ち点を得たいと思っています」とコメントしています。

また早速、練習試合も行われています。

トレーニングマッチ vs日章学園高校

[1本目]
GK山岸
DF平川、山田暢、坪井、宇賀神
MF阿部、ポンテ、セルヒオ、原口
FW達也、エジミウソン

[2本目]
GK大谷
DF岡本(ユース)、堀之内→67分高橋、堤、永田
MF啓太、細貝、加藤、林
FW高原、高崎

前半3-0で折り返したものの、後半は無得点、失点をしてしまったようです。

こちらの試合に関するフィンケ監督のコメントも、既に読めるようになっています。

宮崎トレーニングキャンプ3日目フィンケ監督

達也はチームにとってとても価値のある大切な攻撃の選手です。今、この発言によって、私が他の選手を間接的に批判しているというふうには一切とらないでください。そういう意味ではないからです。ただし、昨年のシーズンをもう一度、分析し直すと、彼がピッチに立っていたときに、私たちはもっともたくさんの勝ち点を平均で取っていたという事実が見えてきます。昨年、彼は、得点を決めることができませんでしたが、それでも出場した全ての試合で、チームにとってとても大切な仕事をいつもこなしてくれました。

これが最後の補強になるでしょうか、浦和V奪還目指しケルンMFサヌー獲りというニュースも。ブンデスリーガ・ケルンでプレイするブルキナファソ代表MFウィルフリード・サヌーの獲得がほぼ決定的のようです。

昨年11月以降、交渉を重ねてきたが、このほど本人とクラブ間で合意。金銭面など条件の最終調整に入っており、1年間の期限付き移籍となる見込み。

攻撃的MFにサイドバックなど、複数のポジションをこなせる選手で、かつてはフィンケ監督のクラブでプレイしたこともあります。背番号は「5」のようです。

浦和レッズのニュースについては、以下でも配信していますので、興味ある人はぜひそちらもご覧ください。

URAWA REDS NEWS (urawa) on Twitter
浦和レッズtumblr*

内容は同じものですので、お好みでどうぞ。

■関連記事

浦和フィンケ監督3発勝利も満足せず

浦和は前半20分、原口のドリブル突破から田中がラストパスを受け、先制シュートを決めた。22分にはポンテの右CKに阿部が頭で合わせて2点目。その5分後には再び田中が2ゴール目を奪った。後半は相手の素早いプレスに手を焼いて連係ミスが重なり、無得点。18分にカウンター攻撃を食らって1失点した。

浦和GK攻めろ!王座奪回へ得点力アップ

昨季、故障者続出で練習の人数が足りない場合に限ってFP役を務めた加藤が「FPをやって当たり前という感覚になってきた。試合の流れも分かるし、体で覚えられることもある」と話せば、都築も「これまでGKは10人プラス1という感じだったけれど、フィールドのいろんな要素が(プレーに)出てくると思う」と「FP兼任メニュー」を歓迎した。

浦和フィンケ監督が柏木の練習参加に慎重

21日には古巣・広島との練習試合も組まれており、本人も早期合流を希望しているが、同監督は「同じ個所を痛めないことが大事。少しずつ負荷はかけるが、現段階では様子を見るとしか言えない。我々が(柏木に)ブレーキをかけている状態です」と話した。

浦和がキャンプイン即7キロのクロカン

空港内での歓迎セレモニー後に早速、同市内のクロスカントリーコースで約7キロを走り込んだ。24日までの1次合宿10日間で、広島や大学、高校との練習試合も4試合実施予定。DF山田暢は「今日はいい感じに汗をかいたぐらいですよ」と気を引き締めていた。

フィンケ監督「タイトル取る」…浦和

宮崎キャンプ2日目、浦和のフィンケ監督は「タイトルを取りたいと思うのは当たり前」と結果にこだわる考えを示した。ノルマなしで臨んだ昨季はナビスコ杯準決勝・清水戦前に「優勝しなくていい」とKY発言。求心力を失い、成績は急降下した。

Jキャンプ一番乗り!柏木は別メニュー…浦和

「やろうと思えばやれるのですが。無理しないように」柏木は悔しげだ。アジア杯予選・イエメン戦遠征中の4日に負傷した個所が、また腫れはじめたという。21日には早くも古巣・広島との練習試合が組まれているだけに、「話題になりますからね」と早期復帰に意欲をみせた。