浦和、2年連続J最速始動…しかも2週間無休という記事より。

浦和は11日に2年連続Jクラブ最速で始動する。宮崎合宿(15~24日)終了までの2週間は無休で練習する予定で、合宿中は早朝、午前、午後の3部練習を計画。

浦和レッズが2010年1月11日より始動しました。オフの期間も各人にトレーニングメニューが渡され、しっかり練習することが求められていました。

2週間は無休、さらにクロスカントリーなどで走り込んで200kmほどを走り込む予定ということです。昨シーズンは体力の無さを露呈しましたからね。1年を経て、今シーズンが楽しみです。

クラブ始動後には、ゼネラルマネジャーに就任した柱谷幸一氏の記者会見も行われていました。

浦和柱谷新GMはフェアプレーにこだわる

浦和の柱谷幸一ゼネラルマネジャー(GM)が8日、さいたま市内のクラブハウスで就任会見を行った。体調不良で療養中の信藤健仁チームダイレクターが退任し、空位だったチーム強化の総責任者として今月1日付で就任。

チームダイレクターではなく、ゼネラルマネージャーという肩書きになります。「監督とも、結果と内容とフェアプレーにこだわってやっていこうと話しています。GMとしてしっかりやっていきたい」とコメントしています。

これまで社長の専任事項だった監督人事も、ゼネラルマネージャーの手にゆだねられることになるようです。

そしてイエメン戦で骨折した山田直輝ですが、復帰まで3ヶ月という診断の結果が出ています。

浦和・山田直、腓骨骨折で復帰まで3カ月

J1浦和は9日、アジア杯最終予選・イエメン戦(サヌア)で負傷したMF山田直輝(19)が精密検査の結果、右足腓骨(ひこつ)骨折で復帰まで約3カ月かかる見込みだと発表した。

手術の必要はないということです。

オフィシャルサイトにある「成長して帰ってきた高崎&宇賀神が、熱い決意を語る」も必読です。

(高崎選手にお聞きしますが、去年フィンケ監督が就任してサッカーが変わりましたが、それについてはどう思われますか?) 「監督に合わせることも選手の能力だと思いますし、監督のするサッカーにしっかり対応できるようにやっていきたいです」

■関連記事

チームトレーニング開始!

フィンケ監督のホイッスルで全員が集合。輪になって話した後、11時21分にトレーニングがスタートした。ウォーミングアップ後、パス、リフティング、筋力トレーニングなどに取り組んだ。寒空の下で、メニューは着々と進められていった。続いてステップワークやダッシュなどを経て、体力測定。

2010シーズンスタート、チームが必勝祈願へ

必勝祈願には橋本光夫代表、柱谷幸一GM、フィンケ監督をはじめとするコーチングスタッフ、選手とクラブスタッフら、総勢60名近くが参加。内、選手は28名で、ユース所属で今季からトップチームに登録される岡本拓也も詰め襟の学生服に身を包み、緊張した面持ちで参加した。また、一昨日に加入会見を終えたばかりの柏木陽介は会見時とは異なり、髪を黒く染め、長かった髪を短めに切りそろえ、精悍さを増して姿を現した。

浦和王座奪回へ14日間で200km超走れ!

浦和が猛烈な走り込みで王座奪回のシーズンに備える。11日の始動を前に10日、さいたま市内のクラブハウスでフィンケ監督ら全コーチ陣が一堂に会してミーティングを実施。15~24日の宮崎1次合宿までの日程を確認した。

浦和初始動を前に達也ら走り込む

王座奪還を目指す浦和の選手たちが、精力的に自主トレを行った。今季のJクラブ最速となるチーム始動を翌日に控えた10日、GK山岸範宏やDF堤俊輔、FW田中達也ら多くの選手がさいたま市内のグラウンドを訪れ、走り込みや筋力強化などのメニューをこなした。

直輝全治3か月!イエメン戦で右足骨折…浦和

8日の帰国後に埼玉県内の病院に直行し、再検査を受けていた。現状では、手術の必要はないという。フィンケ監督は今季のチーム作りの柱と期待していただけに、浦和にとって大きな痛手となった。

山田直は全治3カ月…W杯代表入り絶望的

手術の必要はないが、松葉づえなしでは歩けない状態。イエメン戦で背後からの悪質なタックルを受け、前半21分に途中交代していた。当面は治療に専念することになるが、11日のチーム始動日のミーティングには出席する予定。柱谷GMは「試合中のアクシデントだから仕方ないけど痛いね」と厳しい表情だった。

右足骨折の直輝、J開幕間に合わず

チーム練習への合流は4~5月になる見込みで、今月下旬の代表合宿や2月の東アジア選手権にも参加できない。橋本社長は「手術の必要はないようだが、本当に残念」と、主力選手の長期離脱に表情を曇らせた。