流出防止へ…原口“浦和最長タイ”5年契約という記事より。

浦和は、今季リーグ32試合に出場した18歳のFW原口と5年契約を結ぶことで基本合意した。今年1月に締結した3年契約を、15年1月末まで延長。

浦和レッズが、17歳でデビューしたFW原口元気と5年契約で基本合意したことが明らかになりました。

「今オフからの移籍ルール変更に伴い、契約満了選手は移籍金ゼロでの移籍が可能となる」ということで、そのための5年契約となります。

今年の1月での契約は3年でしたが、それを延長しての5年契約です。浦和レッズは山田直輝にも、同じく5年契約を提示しているということです。

原口は来年1月11日の来季始動に向けて、この日から自主トレを開始。「契約に関する細かい話はできません。来季はいい結果が残せるように頑張りたい」と飛躍を誓った。

原口元気としては納得のいくシーズンではなかったと思いますが、これだけ試合に出場できたことは、間違いなく来シーズンに生きてくるでしょう。