高原 来季も浦和残留へという記事より。

8日に今季最後の全体練習を終え「基本的には契約を1年残すわけだから、来季も浦和でプレーするのがベースになる」と語った。

3年契約の3年目なので、残留するのが既定路線というか当たり前なのですが、先発を外れたりMFで起用されるなどして、移籍を模索していた高原直泰でした。

「水面下でG大阪と接触するなどした」とありますが、結果的には浦和レッズが濃厚のようです。やはり高年俸がネックだったのでしょうか。1億6,000万円とも言われています。

来シーズンは浦和レッズのサッカースタイルもさらに変わるでしょうから、高原が活躍できる場面も増えるかもしれません。ぜひとも得点シーンを見たいものです。

病とフットボール―エコノミークラス症候群との闘い (角川SSC新書) (新書)

4827550115