名古屋が闘莉王に正式オファー出すという記事より。

名古屋が、今季限りで浦和を退団する日本代表DF田中マルクス闘莉王(28)の獲得を目指し、正式にオファーを出したことが8日、分かった。クラブ関係者が明らかにした。

前々から噂はありましたが、いよいよ名古屋グランパスが闘莉王に正式オファーを出したことが明らかになりました。

W杯出場のことを考えると、今のタイミングでの海外移籍というのは確かに現実的ではありません。しかし、浦和レッズにも残れない。そして闘莉王の年俸を支払えるのも、名古屋グランパスくらい、ということになるのでしょう。

個人的には、名古屋グランパスへの移籍の可能性が最も高いのではないかと思います。

レッズサポーター的には、移籍するならせめて海外へという思いが強いかもしれませんが、直接対決というのも良いかもしれませんよ。

闘莉王は「国内だとレッズと対戦するのはつらい」と語っているようですが、もちろんスタジアムではブーイングで。

■関連記事

闘莉王W杯考慮し国内移籍も視野に

7日、さいたま市内のクラブハウスを訪れ「国内も考えないといけない。W杯もあるし、大事な1年」と、来年6月のW杯に向けたコンディション調整などを考慮し、移籍先として国内も選択肢に入れている。

浦和契約延長せず闘莉王に「0円提示」へ

浦和が、今季限りで契約が満了するDF田中マルクス闘莉王(28)に、クラブとして契約延長の意思がない「0円提示」を通達することが6日、分かった。7月下旬に提示していた固定給と出場給を合わせた年間1億5000万円(推定)の2年契約を撤回。戦力外選手として、近日中に闘莉王側へ通達する。

名古屋、闘莉王に正式オファー

J1の名古屋が、今季限りでJ1浦和を退団する日本代表DF田中マルクス闘莉王(28)の獲得を目指し、正式にオファーを出したことが8日、分かった。クラブ関係者が明らかにした。闘莉王には欧州など海外のクラブも獲得に興味を示している。

名古屋、浦和・闘莉王獲得へ正式オファー

Jリーグ1部(J1)の名古屋が、今季限りでJ1浦和を退団する日本代表DF田中マルクス闘莉王(28)の獲得を目指し、正式にオファーを出したことが8日、分かった。クラブ関係者が明らかにした。闘莉王には欧州など海外のクラブも獲得に興味を示している。

浦和に最後っ屁!闘莉王、幹部を痛烈批判!

5日の鹿島戦後は橋本社長のあいさつに背を向け、握手も拒否。勝負に徹しない姿勢を「鹿島のオリベイラ監督は男、フィンケ監督はただの先生(教師の経歴あり)」と皮肉った。

闘莉王、浦和に別れ…Jリーグアウォーズ

浦和の練習は8日まであるが、8、9日は日本代表合宿に参加。13日にブラジル帰国の予定で、6年間通い続けたクラブハウスに足を向けることは、もうない。「出て行くのは悲しいが、自分の意思ではない。必要とされてなかった。イエスかノーか面と向かって言わず、ごまかしごまかしやるからおかしくなる。大人げない。男じゃない」。放出ありきで不誠実な交渉をしてきたクラブを痛烈に批判した。