嘆く闘莉王…社長に引き止められなかったという記事より。

今季限りでの浦和退団が決定的となっているDF闘莉王が、1日に行った橋本社長との会談の内容を明かした。

移籍が決定的とも噂されている闘莉王が、最終節を前に橋本社長と会談しています。

闘莉王は「どんな形でもいいから勝てばいいという自分の考えを伝えた」と語ったということです。さらに「残留してほしいという感じはしなかった。選手を大切にしている感じもしなかった」とも。

闘莉王の気持ちは分かりますが、浦和レッズとしてのスタイルを作りたいことと、マスコミに喋りすぎることなどから、クラブとしても闘莉王の扱いが難しくなっているのでしょうね。

まあ、契約に関する話などをペラペラするというのは、フィンケ監督からも好まれないでしょう。

■関連記事

闘莉王、社長と会談…ついに浦和と決別

今季限りでJ1浦和との契約が満了する日本代表DF田中マルクス闘莉王(28)が3日、来季去就について橋本光夫社長(60)と会談していたことを明かした。