闘莉王にトゥヴェンテが正式オファー!4年半提示という記事より。

日本サッカー界の移籍市場最大の目玉に欧州からの初オファーが届いた。関係者によると、トゥヴェンテが25日、闘莉王サイドに完全移籍での獲得を申し出る正式文書を発送した。

フィンケ監督とソリが合わないとも伝えられている闘莉王ですが、オランダ1部リーグ首位のトゥヴェンテから正式なオファーが届いたようです。

「3年半の通常契約期間にプラス1年間のオプション付き、計4年半という異例の長期契約」が提示されています。

現在、ウズベキスタン王者ブニョドコル、イングランド・プレミアリーグのウィガン、名古屋が獲得に乗り出しているが、クラブ関係者は「1月からヨーロッパリーグに参戦できるはず。6月のW杯に向けて貴重な経験になるはずだ」とラブコール。

個人的にはオランダで首位にいるクラブに挑戦して欲しいですけどね。もちろん浦和レッズに残留するという選択肢もある訳で、闘莉王はどういう選択をするでしょうか。

闘莉王「ありがたい」オランダ首位・トゥヴェンテから正式オファーという記事によると、次のようにコメントしています。

「オファーはありがたいです。クラブの印象? 代理人に任せているから、まだまだ何も分からない。今はレッズが大事。きちんと話したうえで(去就を)決めたい」

さらには「自分はゴキブリと一緒なので、どこでも生きていける。じっくり考えていきたい」とも。笑いながら言っている顔が思い浮かびますね。