浦和梅崎全治6カ月 磐田戦は攻撃陣不安という記事より。

17日の練習で右ひざを痛めた浦和MF梅崎司(22)が、右ひざ前十字靱帯(じんたい)損傷で全治約6カ月と診断されたことが判明した。

梅崎司が練習中に右ひざを痛めたことを伝えられていたのですが、病院で右ひざ前十字靱帯損傷と診断されています。全治まで約6ヶ月だそうです。

シーズン開幕前に腰を痛め、ようやく復帰した矢先のできごとですが‥‥サポーターとしても残念ですが、本人の気持ちを推し量るのも難しいですね。また半年間、試合に出られない訳ですからね。

梅崎、全治6か月 右ひざじん帯損傷手術へ…浦和によれば「今後、患部の腫れが引き次第、メスを入れることになる」ということで、手術することになるのですね。

17日午後のミニゲーム中に倒れ込んだ梅崎だが、自力でピッチの外に出て帰宅時も歩いていた。だが精密検査の結果は、今季2度目の長期離脱を宣告する厳しいものだった。

「みんなの前では明るかったけど、そうとうショックだったと思う」と、あるチームメイト。

再び離脱となると、梅崎司のポジションへの補強も必要となることでしょう。