闘莉王が移籍!!有力カタール、UAEという記事より。

サッカー日本代表不動のセンターバック田中マルクス闘莉王(28)が、浦和退団を決意したことが、12日明らかになった。浦和との契約が今季で切れることから、かねて夢だった海外挑戦を決断。

「浦和レッズを愛しているし、その気持ちはチームを離れても変わることはない」と闘莉王が語っているそうなのですが、随分と具体的な話が出てきています。

・スペイン、プレミア、オランダなどの各クラブからオファー
・カタールとUAEから現状と同じ年俸でオファー
・闘莉王本人は代理人と相談して決めたい

火のないところにナントカと言いますが、実際にオファーはあるし、いろいろと考えているのでしょうね。

オイルマネーを背景に、中東のクラブは世界中から選手を獲得している。カタールのアルガラファで活躍している元ブラジル代表MFジュニーニョら、代表クラスもプレー。ブラジル選手も多く、同国出身の闘莉王にとっては溶け込みやすい環境でもある。

とはいえ、海外移籍するなら中東の年金リーグじゃなくて、ヨーロッパのクラブにチャレンジして欲しいところですけどね。

もちろん海外にチャレンジしたいという思いだけでなく「僕が今、監督の問題について口を開くのは良くない」ということで、フィンケ監督とサッカー観が合わないというのもあるのでしょう。

いろいろな場面で活躍してくれたことを思い出すし、クラブを愛してくれたし、仮に移籍するとすればそれは残念なことだけど、闘莉王のサッカー人生ですからね。