浦和、大分の万能DF森重獲り!という記事より。

浦和が、大分の元日本代表DF森重真人(22)の獲得に乗り出していることが9日、分かった。大分は、J2降格がすでに決定。今季で契約の切れる森重の去就は注目されていた。

浦和レッズ、なりふり構わないですね。

浦和レッズ、広島・柏木、C大阪・香川にオファーへ
浦和レッズ、鹿島アントラーズ・パク・チュホにオファー

次々に若手にオファーを出しています。

すでに、FW香川(C大阪)、MF金崎(大分)、柏木(広島)、DFパク・チュホ(鹿島)にオファーを出しているが、今度は大分の万能DFに目をつけた。

2列目の選手だけでなく、DFの選手にも声をかけ始めたのはありがたいところですが。

「すでに浦和の強化担当者から、口頭で獲得の意思を伝えられた」と大分の関係者はコメントしています。

大分トリニータとしては必要な戦力だと思いますが、J2降格が決まっているだけに、本人の意思がどうか、というところではありますね。

オファーを出している選手を全て獲得できるとは思いませんが、来シーズンの顔ぶれがかなり変わるのは確かかもしれません。今シーズンを通してフィンケサッカーにフィットできなかった選手は、厳しい冬になるかもしれません。

補強を目指しているのは、浦和レッズの選手構成でかけている20代前半の選手たちです。