浦和一筋16年山田暢、単年契約で合意という記事より。

今季いっぱいで契約が切れる浦和DF山田暢久(34)が、2日までに契約を更新したことが分かった。

浦和レッズの山田暢久が、来シーズンを単年契約として契約更改したそうです。

前節は累積警告で出場停止となり、代わりに出場した高橋峻希が得点をあげる活躍を見せましたが、センターバックまでこなすユーティリティーぷりには、守備面では山田暢久の“うまさ”に一日の長があるのではないでしょうか。

浦和一筋16年目のチーム最年長は今季、主に右サイドバックで26試合に出場。けが人が続出した際はセンターバックも務めるなど大車輪の活躍で、フィンケ監督からの信頼も厚い。

来シーズンは35歳。鉄人・山田暢久にも、さすがに肉体的な衰えが見えてきました。

それでも「彼のようなベテランがチームを引っ張ってくれるのはうれしい」と信藤TDがいうように、もう少し若手中心の浦和レッズを引っ張って欲しいものです。

火の玉ボーイ 山田暢久 (単行本(ソフトカバー))

4583100892

■関連記事

山田暢が契約延長第1号!…浦和

「改革」を掲げて船出したフィンケ体制は、リーグ9位に低迷。この日、指揮官は「今年仕事をしたことにより、選手の多くの情報を得た。来季の構想もハッキリしてくる」と選手の選別に労力を割いた1年であったことを強調した。

浦和、34歳山田暢と契約延長

信藤健仁チームダイレクターは「ヤマのようなベテランがチームを引っ張ってくれてうれしい。彼はレッズの看板だからね」と評価。