アウェイにて、ガンバ大阪との一戦。0-0の拮抗した試合だったように思うのですが、ロスタイムに失点して0-1で敗戦。本当に一点が遠い、ですね。中断期間を経て、選手たちの疲労も回復するかと思ったのですが。

Jリーグ第21節vsガンバ大阪

Jリーグ第21節 ガンバ大阪vs浦和レッズ  2009年8月15日(土)19:03キックオフ・万博記念競技場 試合結果 ガンバ大阪1-0(前半0-0)浦和レッズ 得点者:89分播戸(G大阪) 入場者数:20,211人

元より個人的には今シーズンは優勝ということは考えていないので、この連敗はなんとも思っていないですが、さすがに重症だな、とは思います。

フィンケ監督の弁は「今日ピッチに立ったすべての選手のパフォーマンス自体はよかった」しかし「得点チャンスをゴールに結びつけることができませんでした」と、いつもの調子。

エジミウソンは調子を落としているし、高原は復調したかに思えたけど再び低空飛行をしているし、これだけ点が取れないとディフェンス陣としても苦しいですね。

確かに点取り屋を連れてくれば万事解決なのかもしれませんが。

例えばJ2水戸にレンタル移籍して、13得点を挙げて得点ランキングの6位につけている高崎を呼び戻すとか‥‥難しいですかね?

追記:来週8月19日の柏レイソル戦は「スポルタァァァ!」を使ってTwitterライブ中継します。Twitterアカウントを持っている人は、ぜひ参加してください(参考:浦和レッズトークイベント「スポルタァァァ!」で浦和レッズトークイベントをテキスト中継します!

■関連記事

浦和4連続完封負けMF闘莉王不発

厳しい台所事情を乗り切る奇策も、特効薬にはならなかった。右太もも痛で戦列を離れていたMF山田直樹(19)を強行出場させたが、前半29分に左足を負傷して交代。腹直筋が回復しきれていないDF田中マルクス闘莉王(28)をベンチに置いて、後半17分から右MFで投入した。前日の最終調整と同じように、試合展開に応じて左MFの原口がエジミウソンと2トップを組むなど変化をつけても、ゴールを割れなかった。

浦和MF梅崎が今季初出場飾れず

持ち味のドリブル突破で相手守備網を乱し、終了間際には正確なクロスで田中マルクス闘莉王のヘディングシュートをおぜん立てしたが、チームは4試合連続の完封負け。「何とか試合の流れを引き寄せたかった。ようやく、第1歩を踏み出せたし、自分の開幕を迎えられたので、チームの力になれるよう頑張りたい」と闘志を新たにした。

浦和まだ悪夢の中…480分ゴールなし4連敗

悪夢は0―0の後半ロスタイム。阿部がロングボールの処理をもたついてピンチを招き、播戸に決勝弾を許した。相手を上回るシュート16本を放ちながら、フィニッシュの精度を欠き、公式戦5試合連続の零敗。7月15日のナビスコ杯清水戦でエジミウソンが得点したのを最後に480分もゴールから見放されている。

[オ~レ!オレ、オレ、俺]浦和MF・細貝 萌(23)

 汗水したたる真夏も、「しっくりくるから」と長袖シャツを着続ける頑固者。そんな23歳を、闘莉王は「ガツガツいけるし、すごくいい」と最大限の賛辞を贈る。熱き血潮をみなぎらせる闘魂ボランチ。いずれ、闘将の後継者となるべき男前だ。

逆転Vは絶望的…浦和、5戦連続完封負け

フィンケ監督は開き直り、自身のブレブレ采配に反省の弁はなかった。後半17分には、腹筋痛でベンチスタートのDF闘莉王をFWで投入した。芸術的なパスサッカーを信条とする同監督が、ワラにもすがる思いで打った今季初の禁じ手だが、奇策は空振り。ナビスコ杯を含めば公式戦5戦連続完封負けだ。

後半ロスタイム被弾…浦和、リーグ戦4連敗

シュート数は16対13で上回るなど押し気味には見えたが、決定機は少なかった。速攻で崩されてGK都築の再三の好セーブでしのいでいたのが実情だ。そして終了間際に失点し、引き分けにすら持ち込めなかった。