名古屋が三都主獲り、大型補強第3弾という記事より。

名古屋が元日本代表の浦和MF三都主アレサンドロ(32)獲得に乗り出すことが25日、分かった。6月に獲得したオーストラリア代表FWケネディと、加入が内定したモンテネグロ代表MFブルザノビッチに続く大型補強の第3弾として、リストアップした。

名古屋グランパスが浦和レッズの三都主アレサンドロに興味を示しているという記事です。ちなみに日刊スポーツ以外では見当たりませんでした。

名古屋は中盤の左サイドのアタッカーが不在で、左サイドバックもDF阿部に続く人材に不安を抱えている。リーグ後半戦での巻き返しと、ACL制覇に向け、W杯2度出場の経験もある三都主に目を付けた。

名古屋グランパスとしては、ケネディ、ブルザノビッチに続く補強となります。

確かにケガ明けから出場機会に恵まれていないアレックスなのですが、フィンケ監督の場合は選手のコンディションを見極めて起用するので、まだそこには至っていないのかな、と理解していました。

昨年6月に左足直筋腱(けん)を断裂し手術を受けたが、名古屋関係者は水面下で情報収集し日本代表不動のレギュラーとして躍動した全盛期に近いコンディションにあることを確認済み。

近日中に獲得に動き出すと記事では伝えられていますが、もし仮にそうなったとして、アレックスはどう判断を下すでしょうね。

もちろんプロサッカー選手である以上、出場機会があることに越したことはないので、それが約束されるならば移籍という判断も仕方ないのかな、と思いますが。