埼玉で最低観客の危機…浦和という記事より。

ナビスコ杯の準々決勝第1戦が15日、行われる。ACL出場組はここから登場し、浦和―清水(埼玉)など4試合が行われる。清水をホームで迎え撃つ浦和だが、現時点でチケット販売枚数は約2万枚。埼玉スタジアムの最低観客数記録を更新する恐れが出てきた。

平日開催の上、シーズンチケットも適用されないので、チケットの売れ行きが鈍るのも致し方ないところではありますが。

これが駒場スタジアムであれば、2万枚も売れていれば満席なんですけどね。埼玉スタジアムで2万枚だと、かなり寂しいことになりそうです。

浦和主催試合に限れば今年5月のナビスコ杯・新潟戦の2万7446人が最少だった。スタジアムは6万3700人収容で、今回、最低記録更新の可能性が出てきた。

今夜、どこまで伸ばすことができるか?

さあ、今からでも決断は遅くない!

池袋から直行バスも出ますので、参戦を悩んでいた人はぜひスタジアムへ!

乗車日時:7月15日18時20分より19時まで随時
集合場所:池袋サンシャインシティ文化会館1階バスターミナル
ご予約受付期間:7月15日18時迄

詳しくは「7/15清水戦、池袋発埼スタ直行バス運行」でご確認を。

もちろんぼくもスタジアムへ行きます!

■関連記事

浦和チケットの売れ行き不調/ナビスコ杯

浦和はホームの埼玉スタジアムで清水と対戦するが、チケットの売れ行きが悪い。クラブ関係者は「まだ4万枚も残っている」とため息。準決勝進出が決まらない第1戦で、しかも平日のナイター開催。さらに清水とはリーグ戦を含め、19日間で3度対戦と悪条件が重なった。