浦和・高原、欧州移籍を検討…水面下で交渉という記事より。

J1浦和の元日本代表FW高原直泰(30)が、欧州移籍を検討していることが20日、分かった。

今の時期に!? とちょっと驚きではありますが、火のないところに煙は立たないということで、何らかの動きがあるのでしょうね。

「代理人のトーマス・クロート氏を通じて、ドイツ、フランスのクラブと水面下で交渉を進めているもよう」と報じられています。

「今季はリーグ戦13試合中、先発は3試合にとどまっている」ことが理由として挙げられるような感じですが、果たして先発できないのは誰のせいなのか‥‥。

ようやく調子を上げてきたところで残念のような気もしますが、もしかすると本人が指向しているサッカーとフィンケ監督のサッカーが違う、ということもあるのかもしれませんね。

単純に環境を変えたい、ということもあるかもしれません。

予想通り、今シーズン中の補強がないことが明らかになったばかりではありますが、高原が移籍ということになると‥‥まさかのタンココーチ現役復帰!? とかあったりして。

個人的には、ヘタに誰かを連れてくるよりは、十分に現実的な策ではないかと思うのですが。