橋本新社長が三菱自動車の出資率引き下げ示唆…浦和という記事より。

浦和の橋本光夫社長(59)が24日、就任会見に臨み、現在51%の株式を所有する三菱自動車の出資率を引き下げる第三者割当増資を行う可能性を示唆した。

可能性というレベルだと思いますが、浦和レッズの橋本新社長が、三菱自動車の出資比率引き下げをしたそうです。

「(持ち株比率に関する)三菱自動車には具体的な考えはない。三菱が50%を超えることが浦和にいいことか、今後慎重に議論していけばいい」と語ったということです。

三菱自動車の益子修社長と会談し「レッズにベストな施策をすべきと言われた」ことを受けての発言のようです。

浦和レッズが市民クラブとして、サポーターからの出資を受けるということになれば、お金を出したいという人は多いでしょうし、昨今の経済事情を考えると、親会社に頼らない経営というのも大切だと思います。

浦和新社長フィンケ監督への全権委譲撤回という記事も出ていますが‥‥

橋本社長は「監督によってチームのマネジメントが変わるのはよくない。監督は選手の育成や戦術の強化に集中してもらい、信藤チームダイレクター(TD)が統括する形にしたい」という。広報体制や選手、スタッフらのクラブ外活動、選手の獲得交渉や投入資金の検討など「もちろん、監督との意見交換は必要」(橋本社長)としながら、TDに判断を委ねる。

当たり前の話ではないですかね。元より、こういう役割分担で信藤TDも浦和レッズに参画しているのでしょうし。ことさら「撤回」というニュアンスで語られるものではないと思います。

橋本代表就任記者会見という記事で、就任挨拶を読むことができます。

■関連記事

浦和営業収入9億円減、タイトル賞金なく

浦和は24日、株主総会で2008年度の事業報告を承認し、営業収入は前年度より約8億7000万円減の70億9000万円だったと発表した。タイトルを逃し、獲得賞金が4億円以上減ったことが響いた。

浦和新社長「欧州型経営」で強化費アップ

浦和の07年度営業収入約79億円のうち、選手やスタッフの人件費(下部組織を含む)は約35%の28億円。サッカー普及活動やレッズランドへの投資など「本業」以外の事業費(約40億円)を下回った。

橋本新社長「継続が重要なキーワード」…浦和

また同日付で藤口光紀社長(59)の退任と橋本光夫取締役(60)の新社長就任を正式に承認。橋本新社長は、さいたま市内の埼玉スタジアムで記者会見し、「新しいチームづくりの夢は一朝一夕に果たせるものでない。継続が重要なキーワード」と再出発を誓った。

浦和新社長、フィンケ監督とすでに会談

「実は監督とはすでに会っています。しっかりと話をすることができました。監督の考えなどを聞くことができて良かった」3日の取締役会で新社長に選出された橋本氏は18日の京都戦直前に監督と信藤健仁TDと極秘裏に三者会談を持ったことを明らかにした。

浦和新社長会見 テーマは「継続」

この日はクラブハウスに初めて足を運び、選手にあいさつを済ませ、全スタッフを集めて訓示も行った。社会人ラグビーで全国制覇を経験し、三菱自動車時代には「リコール隠し問題」で社内調査の責任者も務めた実績を持つ。

浦和・橋本新社長、フィンケ監督を全面支援

さいたま市内で会見した橋本新社長は、「フィンケ監督に全面サポートを約束した。継続的なチーム作りが必要」と話し、今季から取り組む“人もボールも動くサッカー”を支援する考えを示した。