腰痛の手術をして戦線離脱している浦和レッズの梅崎司が、先週末に行なわれた大分トリニータ戦を観戦し、初先発した山田直輝に感心したことをブログに綴っていました。

2009-04-06_1025.png

昨日は」という書き出しが始まるエントリーでそれで「いい試合してたね」と続きます。

ナオキ。18歳だけどホント気持ちのいいプレーしてたな。テクニックも高いし運動量もすごいし何より18歳とは思えない落ち着き。

「ナオキ」というのは、もちろん山田直輝のこと。高校を卒業したばかりの18歳ルーキーですが、梅崎司は「完全にMVPだったと思う」と。

的確な動きができないと意味がないと思うのですが、それでも動くことが基本ですよね。運動量がある前提でそして、いかに質の高いを動きを極めるか。

ベテラン組にはきついサッカーだと思いますが、それでも山田暢久などはいきいきとプレイしていましたしね。

テレビ埼玉で放送された「レッズナビ」という番組で、福永泰が「山田は楽しそうにプレイしている」というようなことをコメントしていました。

ダブル山田に期待したいです。見た感じは親子鷹ですが。

「たくさん刺激うけた!」と梅崎司。もともと運動量の豊富な選手ですから、復帰してからの活躍が楽しみです。フィンケサッカーには欠かせない選手になるでしょう。