今節はもう、山田直輝の大車輪の活躍とアレックスの復活に限るでしょう。アレックスのクロスが相手選手の足に当たったオウンゴールのみとなりましたが、試合も1-0で勝利です。

200904050704.jpg

「山田直輝がすごい」という話は聞こえていたのですが、自分の目でそのすごさを確認したのは初めてです。なんですか、あの運動量は。

パスアンドゴーもきっちりできているし、スルーパスで仕事もできる、ゴール前には顔を出す、いつの間にか守備にもついている‥‥それが90分続くのです。

枯れることのない運動量に非凡な攻撃センス、すごい選手が現れたと思います。それが高校を卒業したばかりの18歳、顔もあどけなく中学生くらいにしか見えないのですから‥‥。

200904050707.jpg

田中達也と同じく小柄なのですけど、日本代表にも選ばれるような逸材だと思います。浦和レッズがなかなか埋められなかった、長谷部誠の穴を埋めるのは間違いなく山田直輝となるでしょう。

そしてアレックス。およそ1年ぶりとなる試合。いきなり左SBでの先発。正直、フィットするには数試合は最低でもかかると思ったのですが‥‥こちらも大活躍。驚きです。

このポジションには平川がいて、残念ながら攻撃時に停滞するなどしていたのですが、アレックスの復活でこちらも埋まりましたね。

ためを作ってパスを出せるし、効果的なオーバーラップもあるし、さらにはプレースキッカーとしてもワクワクします。ポンテでなくアレックスが蹴るとやはり良いですね。

200904050711.jpg

惜しいシーンがありながら得点することができず、欲を言えばそこが残念な試合だったのですが、山田直輝、アレックスという大きな収穫がありました。

鈴木啓太もビクビクするようなパスが減ったと思いますし、坪井の気持ちのこもった全力疾走も良いです。山田暢久がサイドを駆け上がっていく姿にも感動。エジミウソンの守備する姿にも。

度重なる頭部接触に大事を取って闘莉王を下がったあとは守備にバタバタしたのですが、堀之内が交代で出てきてボランチでそれを収めました。非常に気持ちの入った守備だったと思います。

細貝萌や梅崎司の復活が待ち遠しくなりますね。それだけに、毎試合のように出場して結果の出せない高原が不憫に‥‥。

試合終盤も都築のフィードに反応して前線に走るのが原口元気と山田直輝だったりして、もっと高原にも頑張って欲しいのですが。

200904050716.jpg

社長交代がネガティブに伝えられましたが、浦和レッズはきっちりとホームで結果を残しました。ぜひ、これを継続して欲しいと思います。

そしてこの若い選手を、日本代表に入るべきだというように煽ってほしくないのですが、山田直輝は非常にいいプレーをしたと思います」とフィンケ監督。

最後にファーストインプレッションと試合終了後の動画を。

■関連記事

浦和・三都主9カ月ぶり復帰!大けがを克服

前半42分には左サイドでポンテのパスを受け、中央へ低いクロス。「(田中)達也を狙ったんだけど、ラッキーだった」。ゴール前の混戦で相手のオウンゴールを誘い、これが決勝点。自らの復帰戦を白星で飾った。

浦和が強固な大分守備陣撃破/J1

浦和が「カメナチオ」と呼ばれる大分の強固な守備を打ち砕いた。昨季は、リーグ戦平均失点0・71の強力守備網に穴を開けることができず、2戦とも無得点。だが、この日は違った。左MFで起用された山田直、左サイドバックで280日ぶりの公式戦復帰を果たした三都主の縦パスを起点に、FW陣が前に出続けた。

存在感大きかった浦和の小さな18歳!

1メートル66、64キロと小柄だが、浦和ユースが優勝した昨年の全日本ユース選手権では得点王に輝いた。

9カ月ぶり!浦和に「背番号8」が帰ってきた

3月、さいたま市内のグラウンドでチームが全体練習を終えた後も、復帰を目指して黙々と走る三都主の姿があった。「一日一日が長かった。つらい時期はあった。でも、これからさらにいい自分を見せたい」

オウンゴールで先制…浦和が逃げ切る

浦和・フィンケ監督 三都主は予定より早く公式戦で起用したが、90分間できたのはいいシグナル。非常に貴重な選手で、今後も期待したい。

三都主で再出発!社長解任ショック一掃

スタンドでは次期社長に内定した橋本氏が視察。正式就任は24日の株主総会後になるが「今季はみんなが感動できる浦和のサッカーを取り戻したい」と橋本氏は早くも再建に意欲を示した。3日には藤口社長、信藤チームダイレクターと極秘で会談。すでにフィンケ体制を全面的にバックアップしていく意向を伝えた。

復帰の三都主が浦和決勝点呼んだ…J1第4節

「90分間、疲れてても出たかった。サッカーが楽しかった」と万感の表情。前半42分には自らのクロスが大分DF森重に当たってゴール。決勝点を呼び込んだ。

観戦新社長の前で浦和出直し1勝…J1第4節

「チームは今サッカーを変えようとしている。1、2か月ではすぐに変わらない。長い目で見ていきたい」と語り、監督人事を巡る迷走で7位に転落した昨季の過ちを繰り返さない方針を示した。

浦和・三都主、絶妙クロスが決勝点呼んだ

フィンケ監督は「このポジションは工事現場だから」と苦しい台所事情を説明した。左サイドは人材不足。慣れないポジションで奮闘した平川は不調で、細貝も腰痛で離脱。三都主は当初の予定より2週間も早く強行出場したが「疲れよりも、うれしさを感じた」と不安を払拭(ふっしょく)した。